ジャガーFタイプ V8 S(FR/8AT)

汗臭くていいじゃないか 2013.07.21 試乗記 「Eタイプ」以来、ジャガーが50年余りの時を経て世に問うた2シータースポーツカー「Fタイプ」。その“本気度合い”を知るために、箱根のワインディングロードで5リッターV8スーパーチャージドユニットを解き放った。

爆音に恐れをなす

夕日を浴びて伊豆の山道を下りて来たころにはすっかり上機嫌。この歳になってもクルマ好きは実に単純で、車が良ければ今日という日が充実した1日だったと素直に思う。久しぶりに汗ばむほどに、本気になって山道を走った感じがする。
ラグジュアリーとかエレガントという言葉を使う前に、やはりジャガーはドライビングのクオリティーで語られなければならない。格好はいいが似たり寄ったりのマーケティング用語を話す人間が多くなった自動車メーカーの中にあって、ジャガーは昔かたぎの“クルマ屋”が残っている会社だと感じていたが、今も変わらずそうなのだろう。そうでなければこの「Fタイプ」のような車は生まれないはずだ。半世紀の時間を超えて“E”の次の“F”の文字を与えられた2シーターであるからには当然期待していたけれど、それ以上にジャガーFタイプは骨太なスポーツカーだった。

もっとも、走り始めた最初の印象はあまり芳しいものではなかった。1.9m余りもある幅広いボディーは街の中では気が重いだけだし、非常に造りの良い幌(ほろ)とはいえ、斜め後ろの視界はどうしても限られる。
何よりも首都高速に入って普通に加速したら、運転している自分でもびっくり仰天するほどの爆音が壁に反響するではないか。乗り心地の変化を試そうとダイナミックモードのスイッチをいじっていたが、それを作動させると「アクティブ・スポーツエグゾースト・システム」も一緒にオンになるようだ。そのたけだけしい排気音はどうしようかと狼狽(うろた)えるぐらい。
しかも後で分かったことだが、加速中のみならず、勢いよくスロットルを閉じた時もバラバラパンパンという、昔のハイチューンエンジンのアフターファイアのような爆発音をまき散らす。最新の直噴エンジンがアフターファイアを起こすはずもないから、一瞬どこか壊れているのではないかと疑ってしまった。これも演出なのだろうが、それにしてもちょっとやりすぎだ、とあきれながら逃げるように人気のないオープンロードを目指したのだった。

日本仕様のエンジンは5リッターV8(495ps)と3リッターV6(340ps。ともにスーパーチャージャー付き)から選ぶことができる。試乗車は前者。
日本仕様のエンジンは5リッターV8(495ps)と3リッターV6(340ps。ともにスーパーチャージャー付き)から選ぶことができる。試乗車は前者。
軽量化と高剛性をさらに高めた、ジャガー第4世代のオールアルミアーキテクチャーが採用される。ホワイトボディー重量は261kg。
軽量化と高剛性をさらに高めた、ジャガー第4世代のオールアルミアーキテクチャーが採用される。ホワイトボディー重量は261kg。
ドライバーを中心に考えた「1+1」コンセプトのインテリア。センターコンソール脇に運転席と助手席を明確に分け隔てる“ハンドル”が備わる。
ドライバーを中心に考えた「1+1」コンセプトのインテリア。センターコンソール脇に運転席と助手席を明確に分け隔てる“ハンドル”が備わる。
シフトセレクターはダイヤル式からごく普通のタイプに改められた。
シフトセレクターはダイヤル式からごく普通のタイプに改められた。
「V8 S」には「アクティブ・エグゾースト・システム」が標準装備される。急加速時にバイパスバルブが開き、たけだけしい排気音を発する。
「V8 S」には「アクティブ・エグゾースト・システム」が標準装備される。急加速時にバイパスバルブが開き、たけだけしい排気音を発する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • ジャガーFタイプ(FR/8AT)【試乗記】 2013.8.27 試乗記 ジャガーが半世紀ぶりに市場投入したピュアスポーツカー「Fタイプ」。過去の名車に思いをはせながら、その魅力を味わった。
  • 第29回 ディーゼルはまだ死なず! 2017.2.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第29回は「ディーゼルはまだ死なず!」。4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? をテーマにお届けしている当連載。取材を続ける筆者が輸入車試乗会で出会った快音ディーゼル車とは?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る