ポルシェ・パナメーラ4S エグゼクティブ(4WD/7AT)/パナメーラS E-ハイブリッド(FR/8AT)

実直なマイナーチェンジ 2013.07.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」がマイナーチェンジ。大幅な進化の裏に、ポルシェが受け継いできたエンジニアリングの哲学を見た。

多様化する要求に技術で応える

パッケージやメカニズムを攻めている割には望外に実用性が高く、パーソナライズされたものでありながらフォーマルにも供せるバランス感覚も持ち合わせていて――。

ポルシェのクルマ作りのスタンスは「356」の登場以降、今に至るまで根本的には変わっていない。つまりはスポーティーネスという譲れない非日常性に、どこまで日常性を折り合いづけられるかというせめぎ合いの歴史である。モータースポーツ絡みの棒だらけ物件やアルティメットな限定車は、いってみれば彼らの鬱憤(うっぷん)晴らしのようなもの。仕事の本筋は冷静で合理的なエンジニアリングの積み重ねだ。それが結果として上質な道具という側面的魅力を浮き上がらせ、求めたユーザーの生活の隅々に組み込まれていったことで、結果的に一定の公用性まで得るに至った。

……と、そうやってもたらされた「911」のステータスに対すれば、現在の「カイエン」や「パナメーラ」といったラインは市場迎合型にみえるという人もいるだろう。

が、ポルシェは911で積み重ねた歴史の中で、スポーツカーを求める人々の「日常」にまつわる移ろいをよく理解してもいる。かつてはビジネスマンズ・エクスプレスと呼ばれた911は週末のごく個人的な楽しみのためにとっておいて、普段はパナメーラをそれとして使うという様式もあり。あるいは一台のファミリーカーとして、カイエンを全方位的に使いこなすという選択肢もあり。問題は、生活の変化や価値の多様化と、ポルシェが供するべき核心との接点がきちんと融合するか否かということだ。その点においてマイナーチェンジを果たしたパナメーラは、速さだけではない価値軸の伸長=技術による深化というのが最大のテーマということになるだろう。

試乗会が開催されたのは、アルプス山脈を望むオーストリアのエルマウ。
試乗会が開催されたのは、アルプス山脈を望むオーストリアのエルマウ。
今回のマイナーチェンジではエクステリアも刷新。より傾斜したリアウィンドウや、テールゲート、リアスポイラーの形状の変更など、リアビューが大きく変わっている。
今回のマイナーチェンジではエクステリアも刷新。より傾斜したリアウィンドウや、テールゲート、リアスポイラーの形状の変更など、リアビューが大きく変わっている。
試乗した「パナメーラ4S エグゼクティブ」は、445リッターの荷室容量を確保。後席を倒せば、最大で1263リッターのスペースが得られる。
試乗した「パナメーラ4S エグゼクティブ」は、445リッターの荷室容量を確保。後席を倒せば、最大で1263リッターのスペースが得られる。

ポルシェ・パナメーラ4S エグゼクティブ(4WD/7AT)/パナメーラS E-ハイブリッド(FR/8AT)【海外試乗記】の画像
関連記事
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その3) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ポルシェは「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、「911 GT3」の最新モデルなどを公開した。
  • 【上海ショー2017】ポルシェ、5台のニューモデルを出展 2017.4.21 自動車ニュース 独ポルシェは、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)に、ワゴンボディーを持つ「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、ロングボディーのショーファードリブン仕様「パナメーラ エグゼクティブ」など5台のニューモデルを出展した。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る