メルセデスのF1マシンが史上最高値で落札

2013.07.16 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツ W196R」


    「メルセデス・ベンツ W196R」

メルセデスのF1マシンが史上最高値で落札

独ダイムラーは2013年7月12日、メルセデス・ベンツのF1レーシングマシン「W196R」が、英国のオークション会社 ボナムズのオークションにおいて、約2090万ポンドで落札されたと発表した。これは、自動車の落札金額としては史上最高値とのこと。

 

落札されたのは、1954年から1955年にかけて活躍したメルセデス・ベンツのF1マシンであるW196R。シャシーナンバー006/054のこの個体は、1954年にファン・マヌエル・ファンジオがドイツグランプリとスイスグランプリで優勝した時にドライブしていたものだ。

オークションは、英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の中で実施された。値段は1750万ポンド(約26億2500万円、1ポンド=150円で換算)からスタートし、自動車として史上最高額となる2089万6800ポンド(同、約31億3452万円)で落札された。

(webCG)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。