日産から世界限定100台の「GT-R」が登場

2013.07.16 自動車ニュース
「日産GT-R スペシャルエディション」
「日産GT-R スペシャルエディション」

日産から世界限定100台の「GT-R」が登場

日産自動車は2013年7月16日、「日産GT-R」の特別仕様車「スペシャルエディション」を同年7月22日に発売すると発表した。販売台数は世界100台の限定となっている。

今回の限定モデルは、エクステリアを中心に特別な仕様を施したもので、ボディーカラーには見る角度や光の当たり具合によって色の見え方が変わる、専用色のミッドナイトオパールを採用。一台一台人の手で磨き込みを行うことにより、上質で美しい色彩を追及している。

このほかにも、ドライカーボン製のリアスポイラーやハイパーチタンカラーコートを施した鍛造アルミホイールを採用。エンジンルーム内には、ゴールドのモデルナンバープレートもあしらっている。

価格は1050万円。
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る