メルセデス・ベンツGL63 AMG(4WD/7AT)

頂点のそのまたテッペン 2013.07.23 試乗記 “地上の頂点に立つ”とのキャッチコピーで登場した、メルセデス・ベンツのフルサイズSUV「GLシリーズ」。そのトップモデル「GL63 AMG」の迫力を味わった。

“ファーストクラス”かつ“地上の頂点”

初めて「メルセデス・ベンツGLクラス」の実車を前にした人は、まず間違いなく同じ感想を抱くはずだ。

「デッカイなぁ……」

「ML」改め「Mクラス」の上位車種にして、スリーポインテッドスターの大型SUV。全長5145mm、全幅1980mmだから、GLクラスの落とす影に、あのいかつい「Gクラス」がすっぽり入ってしまう計算だ。ただし、全高はGクラスの方が1950mmと、1850mmのGLクラスを凌駕(りょうが)する。“軍用車の民生版”なんて冗談が、マニア間の褒め言葉として使われるGクラスに対し、GLクラスの狙いは「地上の頂点に立つ、ファーストクラスSUV」。そうカタログに書いてある。“ファーストクラス”だけでは飽きたらず、“地上の頂点に立つ”と前に付けちゃうあたり、メルセデスの「どうだあぁぁぁ!」というベタな自慢ぶりが感じられて、ちょっとおかしい。

頂点に立つGLクラスのそのまたテッペンが、「GL63 AMG」である。日本に入るノーマル(!?)GLたる「GL550 4MATIC」が、ツインターボで強力過給される4.7リッターV8を積み、最高出力435ps/5250rpm、最大トルク71.4kgm/1800-3500rpm。すでに「これで何の不満がありましょう?」なアウトプットなのに、AMG仕様は排気量をさらに5.5リッターにアップ。122psも高い最高出力557ps/5250-5750rpmと、6.1kgm太い最大トルク77.5kgm/2000-5000rpmを発生する。車重は2500kgから2620kgに増えているが、63 AMGの強心臓にとっては、吹いて飛ぶような増加でしょう。

ちなみにGL550 4MATICと比較して、カタログ燃費(JC08モード)は、7.9から7.4km/リッターに低下する。ガソリン代を気にするような人は、購入を考えないということか。車両本体価格は、GL550 4MATICが、1290万円。GL63 AMGが1750万円となる。

搭載される5.5リッターV8ツインターボエンジンは、557ps/5250-5750rpmと77.5kgm/2000-5000rpmを発生する。
搭載される5.5リッターV8ツインターボエンジンは、557ps/5250-5750rpmと77.5kgm/2000-5000rpmを発生する。

メルセデス・ベンツGL63 AMG(4WD/7AT)【試乗記】の画像
ハンドル位置は左のみの設定となる。テスト車の内装色は「ブラック/タバコブラウン/マロン」。
ハンドル位置は左のみの設定となる。テスト車の内装色は「ブラック/タバコブラウン/マロン」。
「GL63 AMG」は、「AMGライドコントロールスポーツサスペンション」や「ACTIVE CURVEシステム」など、足まわりにも専用のチューンが施される。
「GL63 AMG」は、「AMGライドコントロールスポーツサスペンション」や「ACTIVE CURVEシステム」など、足まわりにも専用のチューンが施される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更 2016.11.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る