メルセデス・ベンツGL63 AMG(4WD/7AT)

頂点のそのまたテッペン 2013.07.23 試乗記 “地上の頂点に立つ”とのキャッチコピーで登場した、メルセデス・ベンツのフルサイズSUV「GLシリーズ」。そのトップモデル「GL63 AMG」の迫力を味わった。

“ファーストクラス”かつ“地上の頂点”

初めて「メルセデス・ベンツGLクラス」の実車を前にした人は、まず間違いなく同じ感想を抱くはずだ。

「デッカイなぁ……」

「ML」改め「Mクラス」の上位車種にして、スリーポインテッドスターの大型SUV。全長5145mm、全幅1980mmだから、GLクラスの落とす影に、あのいかつい「Gクラス」がすっぽり入ってしまう計算だ。ただし、全高はGクラスの方が1950mmと、1850mmのGLクラスを凌駕(りょうが)する。“軍用車の民生版”なんて冗談が、マニア間の褒め言葉として使われるGクラスに対し、GLクラスの狙いは「地上の頂点に立つ、ファーストクラスSUV」。そうカタログに書いてある。“ファーストクラス”だけでは飽きたらず、“地上の頂点に立つ”と前に付けちゃうあたり、メルセデスの「どうだあぁぁぁ!」というベタな自慢ぶりが感じられて、ちょっとおかしい。

頂点に立つGLクラスのそのまたテッペンが、「GL63 AMG」である。日本に入るノーマル(!?)GLたる「GL550 4MATIC」が、ツインターボで強力過給される4.7リッターV8を積み、最高出力435ps/5250rpm、最大トルク71.4kgm/1800-3500rpm。すでに「これで何の不満がありましょう?」なアウトプットなのに、AMG仕様は排気量をさらに5.5リッターにアップ。122psも高い最高出力557ps/5250-5750rpmと、6.1kgm太い最大トルク77.5kgm/2000-5000rpmを発生する。車重は2500kgから2620kgに増えているが、63 AMGの強心臓にとっては、吹いて飛ぶような増加でしょう。

ちなみにGL550 4MATICと比較して、カタログ燃費(JC08モード)は、7.9から7.4km/リッターに低下する。ガソリン代を気にするような人は、購入を考えないということか。車両本体価格は、GL550 4MATICが、1290万円。GL63 AMGが1750万円となる。

搭載される5.5リッターV8ツインターボエンジンは、557ps/5250-5750rpmと77.5kgm/2000-5000rpmを発生する。
搭載される5.5リッターV8ツインターボエンジンは、557ps/5250-5750rpmと77.5kgm/2000-5000rpmを発生する。

メルセデス・ベンツGL63 AMG(4WD/7AT)【試乗記】の画像
ハンドル位置は左のみの設定となる。テスト車の内装色は「ブラック/タバコブラウン/マロン」。
ハンドル位置は左のみの設定となる。テスト車の内装色は「ブラック/タバコブラウン/マロン」。
「GL63 AMG」は、「AMGライドコントロールスポーツサスペンション」や「ACTIVE CURVEシステム」など、足まわりにも専用のチューンが施される。
「GL63 AMG」は、「AMGライドコントロールスポーツサスペンション」や「ACTIVE CURVEシステム」など、足まわりにも専用のチューンが施される。
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
  • メルセデス・ベンツG63 AMG(4WD/7AT)【試乗記】 2012.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツG63 AMG(4WD/7AT)
    ……1780万円

    そろそろ引退か? と思われながらリニューアルを繰り返してきたメルセデスの「Gクラス」。いかつい顔つきになった「G63 AMG」では、いよいよ544psのパワーを得るに至った。その底力は?
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る