メルセデスの新型「Sクラス」にAMGモデル登場【フランクフルトショー2013】

2013.07.18 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS63 AMG」
「メルセデス・ベンツS63 AMG」

【フランクフルトショー2013】メルセデスの新型「Sクラス」にAMGモデル登場

独ダイムラーは2013年7月17日、新型「メルセデス・ベンツSクラス」の高性能モデル「S63 AMG」シリーズの概要を公開した。

今回情報が公開されたのは、「S63 AMGショートホイールベース」「S63 AMGロングホイールベース」「S63 AMG 4MATICロングホイールベース」の3グレード。エンジンは従来のモデルと同じ「M157」と呼ばれる5.5リッターV8ツインターボで、最高出力は585ps(430kW)/5500rpm、最大トルクは91.8kgm(900Nm)/2250-3750rpmとなっている。

これに組み合わされるトランスミッションは、7段ATの「AMGスピードシフトMCT」。駆動方式は、S63 AMGショートホイールベース、S63 AMGロングホイールベースがFR、S63 AMG 4MATICロングホイールベースが、通常走行時にフロント:リア=33:67の比率で駆動力を配分するフルタイム4WDシステムを採用している。

足まわりはFR車と4WD車で仕様が異なり、前者にはステレオカメラで路面の状況を読み取り、サスペンションの減衰力を調整する「MAGIC BODY CONTROL(マジック ボディー コントロール)」と呼ばれる機能を採用。後者には、減衰力調整システム付きエアサスペンションの「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を採用している。

また、ルーフやフロントまわりを含むボディーパネル全体をアルミニウム製とするなど、軽量化にも配慮。鍛造軽量アロイホイールやリチウムイオン式スターターバッテリーの採用などとも相まって、車両重量は1970kg~1995kgと、従来モデルに比べ最大100kg軽量化されている。

動力性能は、0-100km/h加速はFR車で4.4秒、4WD車で4.0秒。最高速度は全車250km/hでリミッターが作動する。一方燃費については、FR車が10.1リッター/100km(約9.9km/リッター)、4WD車が10.3リッター/100km(約9.7km/リッター)となっている。(いずれもNEDC複合モード)

実車の発表は、2013年9月開催のフランクフルトモーターショーを予定。本国での価格は、S63 AMGショートホイールベースが14万9880.5ユーロ(約1948万円、1ユーロ=130円で換算)、S63 AMG 4MATICロングホイールベースが15万2617.5ユーロ(約1984万円)。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る