第305回:「ウニモグ」には縫いぐるみがよく似合う!? 
外国人さん、いらっしゃ~い! 

2013.07.19 エッセイ

ウロウロするクルマが増える季節

イタリアは、初夏の天候不順という長いトンネルから抜けて、ようやく夏らしい天気になってきた。そうした好天のもと、旧市街が世界遺産に指定されているわが街シエナでにわかに増えているのは、外国のナンバープレート(以下ナンバー)を掲げたクルマたちである。
ワインで有名なキャンティ・クラシコ地方にも外国人がたくさん訪れる。こちらは昼間対向車線をすれ違うクルマの2台に1台が外国ナンバーであるといってよいくらいだ。

そうしたクルマが増えると、ちょっと危なっかしいのも事実である。ロータリーの中でウロウロする外国人観光客のクルマが増えるからだ。
しかし、考えてみれば、イタリア名物の難解な交通標識が原因である。それを忘れて怒るのは、「初心者ドライバーは、うっとうしい」と、自分もそうであった時代を忘れて文句を言うのと同じ短絡的思考の人間であろう。ボクだってイタリアの他の町に行けば、ウロウロしてみんなに迷惑をかけている。したがって、さまよえる外国ナンバーのクルマは温かい目で見守ることにしている。

イタリア屈指のワイン名産地キャンティ・クラシコ地方にて。展望台にはハンガリー、オランダの「フォード・フォーカス」、そしてスペインのオペルが。面白いのは、どのクルマもお父さんだけは車内に残っていることだ。
イタリア屈指のワイン名産地キャンティ・クラシコ地方にて。展望台にはハンガリー、オランダの「フォード・フォーカス」、そしてスペインのオペルが。面白いのは、どのクルマもお父さんだけは車内に残っていることだ。
シエナの公共駐車場で。ベルギーナンバーの「BMW 3シリーズツーリング」。欧州の旅行者は混雑が少なく、低料金もしくは無料の郊外駐車場をよく知っている。
シエナの公共駐車場で。ベルギーナンバーの「BMW 3シリーズツーリング」。欧州の旅行者は混雑が少なく、低料金もしくは無料の郊外駐車場をよく知っている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。