ホンダ・フィット プロトタイプ(FF/CVT)/フィットハイブリッド プロトタイプ(FF/7AT)

帰ってきたホンダ 2013.07.19 試乗記 6年ぶりのフルモデルチェンジが間近に迫る、人気のコンパクトカー「ホンダ・フィット」。プロトタイプの試乗会で、その仕上がりを確かめた。

大胆にイメージチェンジ

2013年9月にフルモデルチェンジが予定される「ホンダ・フィット」のプロトタイプ試乗会が催された。舞台となったのは、北海道上川郡鷹栖町に位置する同社のテストコース。
本年6月の販売台数を見ると、モデルチェンジを間近に控えながらフィットは1万台近くも売れている。だから次のフィットも、ユーザーから支持されている現行モデルを踏襲すると思っていた。しかし、予想は覆された。現行モデルのコンセプトを受け継いだ部分もあるけれど、次期型フィット(のプロトタイプ)は大胆に変わっていた。

まず現行型を踏襲している部分にふれると、それはパッケージングだ。現行型と同じく燃料タンクを車体中央に配置するセンタータンクレイアウトを採用し、扱いやすい5ナンバーサイズを維持しながら広い居住空間を確保している。身長180cm級が4人でドライブに出掛けても、足が組めるほど後席は広い。

ただし、この「広い室内」というコンセプトを包む洋服はかなり変わった。後で紹介するメカニズムが持つ新しさを、フロントマスクのモダンな意匠などで見た目でも表現している。
先代に感じた“背の高いミニミニバン”的な雰囲気もなくなった。後方に向けてなだらかに落ちる屋根のラインや、ボディーサイドを駆け上がる、鋭利なキャラクターラインの効果だろう。
不思議なのは、屋根が絞られているのに後席の頭上スペースには余裕があること。実用性を犠牲にせずに新しさを表現するあたり、いい仕事をしている。

実はエクステリアと同等か、それ以上にインテリアに新しさを感じた。日常的にスマートフォンやタブレット端末と接している人が「いいね!」と思うようなインターフェイスで、しかも操作した時の手触りが上質だ。残念ながら限られた試乗時間ゆえ、あちこちいじり回すことができなかったので、インテリアの評価はじっくり試乗する機会を待ちたい。
ということで、試乗を開始する。


3代目となる新型「ホンダ・フィット」。個性的なランプ類や、深く刻まれたキャラクターラインなど、過去のモデルにないディテールで、新しさを主張する。
高級感が得られるよう、表面の触感などに配慮したというインテリア。写真は、ハイブリッドモデルのもの。
ハイブリッドモデルの、小ぶりなシフトノブ。ブルーの配色で先進性をアピールする。
「フィット」伝統の“チップアップできる後席”は健在。もちろん、背もたれを前倒しして、荷室容量を拡大することも可能だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る