ホンダ・フィット/フィットハイブリッド 開発者インタビュー

“本質”で勝負 2013.07.19 試乗記 本田技術研究所
四輪R&Dセンター LPL
主任研究員
小西 真(こにし まこと)さん

コンパクトカーのビッグネーム「ホンダ・フィット」がモデルチェンジ。3代目となる新型の開発は、どのように進められたのか? 開発責任者に聞いた。

市場にこびずに作りたい

「ホンダ・フィット」のプロトタイプ試乗会の冒頭で、開発のまとめ役を務めた小西 真LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)は「2代目の現行型とははっきりと違う、新しいフィットができました」とあいさつした。
こう言ってはなんだけれど、開発責任者の決まり文句だ。けれども、いざ新しいフィット(のプロトタイプ)を眺め回して、乗り回してみると、確かに現行モデルとはまるで違うクルマに仕上がっている。こういう言い方もヨーロッパかぶれみたいで気が引けるけれど、ヨーロッパ製コンパクトカーのようにしっかりと走る。内外装のデザインのレベルも、グッと上がった。

――現行フィットは、モデル末期にもかかわらず月間1万台近く売れている人気モデルです。そのフィットを、これだけ変えるのには覚悟が必要だったのではないでしょうか。

これでもし売れなければ、というプレッシャーはあります。でも個人店主ではないので、失敗しても命まではとられない(笑)。遊び心みたいなものが(開発に)あってもいいのかな、とは思います。

――では、現行フィットのどこをどう変えたいと思われたのでしょうか。

現行モデルには、完成されていると思える部分もあるし、あまり好きじゃないところもあります。例えば、走りがあまりよくない。

面白いと思ったのは、小西さんが「走り」を打ち出していることだ。実用コンパクトカーであるからして、「燃費」「価格」「広さ」などをアピールしても不思議ではない。

――コンパクトカーにとって、「走り」が重要だと思われますか?

何が正解かはだれにもわからないですよね。でも、マーケットばかり見て、ユーザーにこびるようなクルマ作りはよくないと思っています。ユーザーにアンケート用紙を配って、みなさんの回答を見ながらクルマを作るようなことはしたくない。

3代目となる新型「ホンダ・フィット」(写真はプロトタイプ)。2013年9月のデビューが予定されている。
3代目となる新型「ホンダ・フィット」(写真はプロトタイプ)。2013年9月のデビューが予定されている。

ホンダ・フィット/フィットハイブリッド【開発者インタビュー】の画像
<プロフィール>
1987年、本田技研工業に入社。ボディーを設計する部署に配属され、ドアの設計を担当する。「最初に携わったのは、初めてVTECを積んだ『レジェンド』の2ドアハードトップでした」。最初にPL(プロジェクト・リーダー)を務めたのが「アヴァンシア」、LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)代行を務めたのが「エディックス」。いずれも玄人受けしたモデルだ。そして「ステップワゴン」のLPLを経て、次期型「フィット」の開発を託された。
<プロフィール>
    1987年、本田技研工業に入社。ボディーを設計する部署に配属され、ドアの設計を担当する。「最初に携わったのは、初めてVTECを積んだ『レジェンド』の2ドアハードトップでした」。最初にPL(プロジェクト・リーダー)を務めたのが「アヴァンシア」、LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)代行を務めたのが「エディックス」。いずれも玄人受けしたモデルだ。そして「ステップワゴン」のLPLを経て、次期型「フィット」の開発を託された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る