「マツダ・フレア」燃費が30km/リッターに向上

2013.07.18 自動車ニュース
「マツダ・フレア XS」
「マツダ・フレア XS」

「マツダ・フレア」の燃費が30km/リッターに向上

マツダは2013年7月18日、軽乗用車「フレア」「フレア カスタムスタイル」に一部改良を実施し、販売を開始した。

フレアとフレアカスタムスタイルは、それぞれスズキの「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」をOEM調達したモデルである。

「フレア カスタムスタイル XT」


	「フレア カスタムスタイル XT」

今回の改良は、主に同年7月16日に実施されたスズキ・ワゴンR、ワゴンRスティングレーの仕様変更に準じたもので、エンジンやCVTなどの改良により、燃費性能を向上。自然吸気エンジンを搭載したCVT仕様のFF車で、30.0km/リッター(JC08モード)を実現した。

また「フレア XS」「フレア カスタムスタイル XS」には、低速走行中の追突事故などの被害を軽減する「レーダーブレーキサポート」や、ペダルやシフトの操作ミスによる急発進を抑制する「誤発進抑制機能」などの安全装備を4万2000円でオプション設定。フレア カスタムスタイルXSのドアミラーに、LEDサイドターンランプを標準設定とした。

カラーバリエーションも変更されており、フレア XSには「アーバンブラウンパールメタリック」、フレア カスタムスタイルには「スチールシルバーメタリック」が新たに採用された。

価格とラインナップは以下の通り。

「フレア」
・XG(5MT):112万350円(FF)/123万7950円(4WD)
・XG(CVT):113万850円(FF)/124万8450円(4WD)
・XS:127万500円(FF)/138万8100円(4WD)

「フレア カスタムスタイル」
・XS:136万5000円(FF)/148万2600円(4WD)
・XT:151万7250円(FF)/163万4850円(4WD)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダが「フレアワゴン」の安全装備を強化 2017.1.12 自動車ニュース マツダが軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良。ターボモデルを「カスタムスタイルXT」の1グレードに集約したほか、一部グレードに防眩(ぼうげん)式ルームミラーやバックアイカメラを採用するなど、安全装備を強化している。
  • 三菱、「eKカスタム」と「eKワゴン」を一部改良 2017.1.26 自動車ニュース 三菱自動車は2016年1月26日、軽乗用車「ekカスタム」と「ekワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良では、ボディーカラー展開の見直しと、一部グレードで装備の強化が行われた。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
ホームへ戻る