「マツダ・フレア」燃費が30km/リッターに向上

2013.07.18 自動車ニュース
「マツダ・フレア XS」
「マツダ・フレア XS」

「マツダ・フレア」の燃費が30km/リッターに向上

マツダは2013年7月18日、軽乗用車「フレア」「フレア カスタムスタイル」に一部改良を実施し、販売を開始した。

フレアとフレアカスタムスタイルは、それぞれスズキの「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」をOEM調達したモデルである。

「フレア カスタムスタイル XT」


	「フレア カスタムスタイル XT」

今回の改良は、主に同年7月16日に実施されたスズキ・ワゴンR、ワゴンRスティングレーの仕様変更に準じたもので、エンジンやCVTなどの改良により、燃費性能を向上。自然吸気エンジンを搭載したCVT仕様のFF車で、30.0km/リッター(JC08モード)を実現した。

また「フレア XS」「フレア カスタムスタイル XS」には、低速走行中の追突事故などの被害を軽減する「レーダーブレーキサポート」や、ペダルやシフトの操作ミスによる急発進を抑制する「誤発進抑制機能」などの安全装備を4万2000円でオプション設定。フレア カスタムスタイルXSのドアミラーに、LEDサイドターンランプを標準設定とした。

カラーバリエーションも変更されており、フレア XSには「アーバンブラウンパールメタリック」、フレア カスタムスタイルには「スチールシルバーメタリック」が新たに採用された。

価格とラインナップは以下の通り。

「フレア」
・XG(5MT):112万350円(FF)/123万7950円(4WD)
・XG(CVT):113万850円(FF)/124万8450円(4WD)
・XS:127万500円(FF)/138万8100円(4WD)

「フレア カスタムスタイル」
・XS:136万5000円(FF)/148万2600円(4WD)
・XT:151万7250円(FF)/163万4850円(4WD)

(webCG)
 

関連キーワード:
フレアフレア カスタムスタイルマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • マツダが「フレアワゴン」の安全装備を強化 2017.1.12 自動車ニュース マツダが軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良。ターボモデルを「カスタムスタイルXT」の1グレードに集約したほか、一部グレードに防眩(ぼうげん)式ルームミラーやバックアイカメラを採用するなど、安全装備を強化している。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.2.23 試乗記 新型「マツダCX-5」のキーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。マツダが持つ技術のすべてを投じて、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたという自信作だ。「XD」と「25S」に試乗し、その完成度を確かめた。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
ホームへ戻る