「マツダ・フレア」燃費が30km/リッターに向上

2013.07.18 自動車ニュース
「マツダ・フレア XS」
「マツダ・フレア XS」

「マツダ・フレア」の燃費が30km/リッターに向上

マツダは2013年7月18日、軽乗用車「フレア」「フレア カスタムスタイル」に一部改良を実施し、販売を開始した。

フレアとフレアカスタムスタイルは、それぞれスズキの「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」をOEM調達したモデルである。

「フレア カスタムスタイル XT」


	「フレア カスタムスタイル XT」

今回の改良は、主に同年7月16日に実施されたスズキ・ワゴンR、ワゴンRスティングレーの仕様変更に準じたもので、エンジンやCVTなどの改良により、燃費性能を向上。自然吸気エンジンを搭載したCVT仕様のFF車で、30.0km/リッター(JC08モード)を実現した。

また「フレア XS」「フレア カスタムスタイル XS」には、低速走行中の追突事故などの被害を軽減する「レーダーブレーキサポート」や、ペダルやシフトの操作ミスによる急発進を抑制する「誤発進抑制機能」などの安全装備を4万2000円でオプション設定。フレア カスタムスタイルXSのドアミラーに、LEDサイドターンランプを標準設定とした。

カラーバリエーションも変更されており、フレア XSには「アーバンブラウンパールメタリック」、フレア カスタムスタイルには「スチールシルバーメタリック」が新たに採用された。

価格とラインナップは以下の通り。

「フレア」
・XG(5MT):112万350円(FF)/123万7950円(4WD)
・XG(CVT):113万850円(FF)/124万8450円(4WD)
・XS:127万500円(FF)/138万8100円(4WD)

「フレア カスタムスタイル」
・XS:136万5000円(FF)/148万2600円(4WD)
・XT:151万7250円(FF)/163万4850円(4WD)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る