燃費36.4kmの新型「フィットHV」9月に発売

2013.07.19 自動車ニュース

次期型「ホンダ・フィットハイブリッド」(写真はすべてプロトタイプ)


    次期型「ホンダ・フィットハイブリッド」(写真はすべてプロトタイプ)

36.4km/リッターの新型「フィットハイブリッド」、9月に発売

本田技研工業は2013年7月19日、36.4km/リッターの燃費を実現した新型「フィットハイブリッド」を、同年9月に発売すると発表した。

コンパクトカーのベストセラー「ホンダ・フィット」の新型が、2013年9月に発売される。

3代目となる次期モデルは、ガソリン車「フィット」とハイブリッド車「フィットハイブリッド」が同時にデビューする見通しだ。
中でも注目されるのが、完全新設計のハイブリッドシステム「i-DCD」を搭載する「フィットハイブリッド」。クラス最高となる36.4km/リッター(JC08モード)の燃費を達成したという。

ベースとなるエンジンは、アトキンソンサイクルの1.5リッター直4 DOHC 16バルブユニット。これにデュアルクラッチ式の7段DCTとコンパクトな電気モーターを組み合わせる。
バッテリーはリチウムイオン式。従来のハイブリッドシステム「IMA」と異なり、エンジンと連結しないモーターのみでのEV走行も可能となっている。「IMA」と比べた場合の燃費性能の向上率は、35%以上とされる。

走行性能もセリングポイントで、ホンダによれば「従来モデルを超える力強い加速Gとリズミカルで伸びのある加速感により、FUNな走りを実現した」とのこと。

(webCG)

→次期「フィット/フィットハイブリッド」の試乗記はこちら
→次期「フィット/フィットハイブリッド」の詳しい写真はこちら
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • 「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ 2017.6.29 自動車ニュース ホンダがコンパクトカー「フィット」をマイナーチェンジ。運転支援システム「Honda SENSING」を新採用したほか、フロントマスクを刷新するなど内外装のデザインも変更している。燃費性能も改善しており、「ハイブリッド」グレードのFF車では37.2km/リッターを実現した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドL Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 デビューから4年を控え、大幅な改良が施された「ホンダ・フィット」。充実した装備が特徴の「ハイブリッドL Honda SENSING」と、同車にオプション設定される「プレミアムブラウン・インテリア」の詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る