MINIクーパー クラブバン(FF/6AT)

乗りこなせれば達人級 2013.07.28 試乗記 おしゃれアイテムとしての完成度が高いMINIのラインナップに加わった、2人乗車の「クラブバン」。このクルマをおしゃれに乗りこなすには、高いスキルが必要か?

ベースは「MINIクラブマン」

ルームミラーに目をやると、見慣れない情景が映っていた。視界は整然とした格子で区切られ、コックピットがクルマの後部から隔離されていることがわかる。どこかで見たことがあるような気がして思い当たったのは、アクション映画に出てくる護送車だ。ワルモノを後ろに乗せて刑務所まで運ぶミッションを与えられた運転手が見る映像である。映画ならばこの後ワルモノの仲間に襲撃されて大変なことになるのだが、もちろんそんなことは起きない。格子は荷室と運転席を分けるただの中仕切りで、「MINIクラブバン」の実用性を高める重要なアイテムなのだ。

ややこしいが、クラブバンは「MINIクラブマン」の派生モデルである。8つものモデルバリエーションを誇るMINIブランドの中で、シューティングブレークの位置を担う。オリジナルMINIにもこのバージョンはあって、単に「バン」と名付けられたモデルもあった。今ではさすがに「MINIバン」という名前は採用しづらいので、クラブマンと語呂を合わせることにしたのだろう。

クラブマンは、ハッチバック版のMINIのホイールベースを80mm延長し、後席のスペースを拡大したモデルだった。リアハッチを観音開きのドアに替え、右側に隠しドアを設けることによって乗降性を向上させている。クラブバンでも、この機構は継承された。違うのは、乗車定員である。リアシートをなくして荷室を拡大したので、乗れるのは2人だけだ。さらに、リアクオーターウィンドウをボディー同色の樹脂パネルで埋めているのが外観上の大きな特徴となっている。

後席が取り払われ、ネットによって仕切られた荷室を持つ「MINIクラブバン」
後席が取り払われ、ネットによって仕切られた荷室を持つ「MINIクラブバン」
インストゥルメントパネルのデザインは「MINIクラブマン」と共通。
インストゥルメントパネルのデザインは「MINIクラブマン」と共通。
「MINIクラブマン」の特徴である、右側フロントドア後方の「クラブドア」もそのまま受け継ぐが、ガラス部分は樹脂パネルで埋められている。
「MINIクラブマン」の特徴である、右側フロントドア後方の「クラブドア」もそのまま受け継ぐが、ガラス部分は樹脂パネルで埋められている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る