第195回:スマホナビ界に新たな衝撃!?
トヨタの新「smart G-BOOK」を実走テストする

2013.07.26 エッセイ

手元のスマホが高性能ナビに早変わり

「ビッグデータ」。ITの世界も含め、今後ひとつのトレンドになっていくであろう、文字通り巨大なデータの集合体のことである。

2013年5月29日、トヨタは自社が展開するテレマティクスサービスを通じて収集・蓄積した独自のビッグデータを、交通情報や統計情報に加工して提供する新しいビジネスを展開し始めた。……のは既報の通り。このサービスの中でも一般消費者が活用できるのが、スマートフォン(以下スマホと表記)向けの新「smart G-BOOK」なのである。

現在、加速度的に市場が伸びているスマホナビアプリの領域だが、実はトヨタはこの分野での参入は早く、2010年12月には同サービスを開始している。スタートから約2年半、今回ナビエンジンもトヨタとゼンリンデータコムとの共同開発によって大刷新、前述したビッグデータを活用したナビの実力をチェックしてみることにした。

テストを開始する前に、まずこのナビアプリが持つ最大のメリットについて考えてみたい。トヨタのテレマティクスサービスである「G-BOOK」は2002年に誕生。その登録台数は国内累計で330万台、そのうち70万台は常時接続が可能なDCM(通信モジュール)を搭載している。G-BOOKはこれらから収集した自車位置や速度などの走行状況をアップロードし加工した、独自の「Tプローブ交通情報」を使うことで渋滞を考慮したルート案内を可能にしているが、今回このTプローブ交通情報をトヨタの純正カーナビ以外で初採用したことがニュースなのである。つまり、極端な言い方をすればトヨタ車を所有していないユーザーでも対応するスマホさえ持っていれば、その高度なサービスを享受できるようになったのだ。

またスマホの場合、iOSに関しては最新の「iPhone 5」では4インチと画面サイズが固定されるが、Android OSを搭載するスマホの場合、個人の好みで画面サイズが選べる。今回のテストで使ったような、市販カーナビと同じ7インチのディスプレイサイズを持つ“ファブレット(通話機能を持つタブレット)”を設置すれば、文字通り“カーナビ並み”の実力が得られるというわけである。

出発地点の東京駅前にて。今回テストに用いた端末は、Android OS4.0を搭載するドコモの「MEDIAS TAB N-06D」(現在は生産終了)。


    出発地点の東京駅前にて。今回テストに用いた端末は、Android OS4.0を搭載するドコモの「MEDIAS TAB N-06D」(現在は生産終了)。
新「Smart G-BOOK」は、2013年6月3日にAndroid端末向けにサービス提供を開始。充実した内容に加え、災害対策サービスは無料、ナビやエージェント機能は年間2500円という手頃な価格も魅力となっている。
新「Smart G-BOOK」は、2013年6月3日にAndroid端末向けにサービス提供を開始。充実した内容に加え、災害対策サービスは無料、ナビやエージェント機能は年間2500円という手頃な価格も魅力となっている。
記者会見にて「ビッグデータ交通情報システム」について説明するトヨタ自動車の友山茂樹常務役員。スクリーンに映し出されているのが、新サービスを支える「G-BOOK」のプローブ情報だ。
記者会見にて「ビッグデータ交通情報システム」について説明するトヨタ自動車の友山茂樹常務役員。スクリーンに映し出されているのが、新サービスを支える「G-BOOK」のプローブ情報だ。

新「smart G-BOOK」のメニュー画面。一般的なルート検索のほか、オペレーターサービスにも対応しているのが特徴。


    新「smart G-BOOK」のメニュー画面。一般的なルート検索のほか、オペレーターサービスにも対応しているのが特徴。

第195回:スマホナビ界に新たな衝撃!?トヨタの新「smart G-BOOK」を実走テストするの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ