ホンダ・フィット/フィットハイブリッド 開発者インタビュー

変革に自信あり! 2013.07.23 試乗記 本田技術研究所 四輪R&Dセンター
デザイン室
グローバル・クリエイティブ・ダイレクター
南 俊叙(みなみ としのぶ)さん

これまでとは大きく異なるデザインをまとう新型「ホンダ・フィット」。そのカタチが意味するところは何か? 生みの親に話を聞いた。

カッコいいのは、あたりまえ

プロトタイプの情報が出回り始めた、次期型「ホンダ・フィット」のスタイリングが賛否を呼んでいる。筆者は「カタマリ感と新しさがあっていい」と思うけれど、「やり過ぎ」という意見も耳にする。
このフィットは、ホンダの新しいデザイン体制が送り出す第1弾。ホンダのデザインはどのように変わり、どこに向かうのか? プロトタイプの試乗会が行われた北海道旭川市の同社のテストコースにて、デザイン部門を統括するグローバル・クリエイティブ・ダイレクターの南 俊叙氏にうかがった。

――今までとはデザインを決定する過程が変わったと伺いました。具体的にどのように変わったのかを教えてください。

それまでは、評価会というものでデザインを決定していました。けれども、たくさんの人の意見を採り入れると“丸い石”のようなデザインになってしまうんですね。たくさんの人の中には、デザインを評価する能力に欠ける人が含まれていたことも問題です。そこで、私とインテリア担当の朝日(嘉徳)がデザインを決めて、伊東孝紳社長と野中俊彦常務執行役員(本田技術研究所副社長)がOKを出せば決定、というシステムに変更しました。要は、デザイン部門と経営者が直接話をしやすい環境に変えた、ということです。

南さんがクリエイティブ・ダイレクターに就任したのは1年10カ月前。当初は国内で販売するモデルに限定した権限であったけれど、就任から1年後、海外展開するモデルも含めて全モデルの決定権を委ねられた。

――1年10カ月前のことを思い出してください。伊東社長からは、どういう仕事をしてほしいと言われたのでしょうか?

伊東さんからは、「カッコいいクルマを作ってほしい」と言われました。でも、そんなのデザイナーの仕事としてあたりまえじゃないですか。だから僕は、「ホンダの世界観を表現したいので、それを教えてほしい」と答えたんです。すると伊東さんは、「スポーティーで、かつ技術的にイノベーティブ。エキサイティングなクルマを作るのがホンダだ」と言ったんです。そこで、わかりました、やらせていただきますと答えました。

グリルとひとつながりになったヘッドランプやエアインテークなど、顔だけとっても、次期型「フィット」のデザインはこれまでと大きく異なる。
グリルとひとつながりになったヘッドランプやエアインテークなど、顔だけとっても、次期型「フィット」のデザインはこれまでと大きく異なる。
 
ホンダ・フィット/フィットハイブリッド【開発者インタビュー】の画像
<プロフィール>
1990年、本田技研工業に入社。現在46歳。入社して最初に手掛けたのは、92年型の「アコード」だった。2011年よりクリエイティブ・ダイレクターとして国内販売モデルのデザインを統括。2012年からは、海外展開するモデルも含めて、全ホンダ車のデザインの責任者となる。インテリアデザインを統括する朝日嘉徳氏とのコンビで、これからのホンダデザインのかじを取る。
 
<プロフィール>
	1990年、本田技研工業に入社。現在46歳。入社して最初に手掛けたのは、92年型の「アコード」だった。2011年よりクリエイティブ・ダイレクターとして国内販売モデルのデザインを統括。2012年からは、海外展開するモデルも含めて、全ホンダ車のデザインの責任者となる。インテリアデザインを統括する朝日嘉徳氏とのコンビで、これからのホンダデザインのかじを取る。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る