トヨタGRMNヴィッツ ターボ プロトタイプ(FF/5MT)

本格派のオーラあり 2013.07.26 試乗記 GAZOO Racingが手掛けた「トヨタ・ヴィッツ」のプロトタイプに試乗。ターボエンジンとともに、このクルマを「ホンモノ」たらしめているポイントとは?

先達とはここが違う

2013年1月の東京オートサロンでお披露目された現行「ヴィッツ」のターボモデルが、いよいよ発売になるという。まあ、このクルマはオートサロンのコンセプトカーの時点でもかなり気合の入った状態で、発売も秒読みだったのは容易に予測ができた。今回の取材時点(7月初旬)ではまだ“プロトタイプ”ということだが、開発担当氏は「これが市販確定スペックと考えていただいていい」と断言していたし、ネットではすでに、この8月上旬にも数百台レベルで限定発売……というウワサが流れている。

ヴィッツのカタログモデルにも初代からずっと「RS」というスポーツグレードが用意されている(しかも、3ペダルMT仕様をずっと欠かしていないのはうれしい)。ただ、歴代ヴィッツRSは、エンジンも単純に排気量をひとクラス上(カローラなど)にしただけで、特別なスポーツユニットではなく、内外装やアシも“ほどほど”の穏健派スポーティーモデルだった。
そのスキを突くように、トヨタのワークス架装メーカーのモデリスタが正規ディーラーで買える改造車として、初代と2代目をベースにしたターボ車を販売していたのをご記憶の方も多いだろう。この「GRMNヴィッツ ターボ」はその後継モデルと言えなくもないが、今回はトヨタ本体のスポーツ車両統括部がキモいりで開発したGAZOO Racing(ガズーレーシング)物件であるところが、初代や2代目との大きなちがい。もっとも、今回も数百台レベルの少量販売になるようだが、「トヨタ本体が手掛けたコンパクト・ターボスポーツ」ということなら、90年代後半の最終型「スターレット」の「グランツァV」以来となる。

同じGAZOO物件でも、今やトヨタ主力モデルの定番スポーツ特装車となっている「G’s」と今回の「GRMN」では「イジリの本気度」が異なるのがお約束。トヨタの定義では「アシまわりと内外装の変更にとどまるのがG’s」、「イジリの手が、エンジンや駆動系にも及ぶのがGRMN」だそうである。

外装はバンパーやスポイラーなどのエアロパーツで控えめにドレスアップされる。
外装はバンパーやスポイラーなどのエアロパーツで控えめにドレスアップされる。
ボディーはこれまで日本未導入だった3ドアのみの設定。リアディフューザーの形状は基本的に「G’s」と同じだ。
ボディーはこれまで日本未導入だった3ドアのみの設定。リアディフューザーの形状は基本的に「G’s」と同じだ。
トランスミッションは5段MTのみの設定。エンジンのパワーアップにともない、クラッチサイズはベース車の8インチから8.5インチに変更されている。
トランスミッションは5段MTのみの設定。エンジンのパワーアップにともない、クラッチサイズはベース車の8インチから8.5インチに変更されている。
テールゲートに飾られた「GRMN」のロゴ。同じGAZOO Racingのクルマの中でも、「GRMN」は「G's」より広範に手が加えられたものとなっている。
テールゲートに飾られた「GRMN」のロゴ。同じGAZOO Racingのクルマの中でも、「GRMN」は「G's」より広範に手が加えられたものとなっている。

トヨタGRMNヴィッツ ターボ プロトタイプ(FF/5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る