「日産リーフ」の認定中古車制度がスタート

2013.07.23 自動車ニュース
「日産リーフ」
「日産リーフ」

「日産リーフ」の認定中古車制度がスタート

日産自動車は2013年7月23日、電気自動車「リーフ」の認定中古車制度を開始すると発表した。

 

認定中古車とは、日産が定める認定基準をクリアした車両に対し、購入販売会社が「認定証」を発行したものである。

認定基準は以下の5項目。
・バッテリー容量計が12セグメント(新車時から1セグメントも減っていない状態)の車両。
・事故修復歴(財団法人 日本自動車査定協会基準)がない車両。
・外観傷や内装傷、故障部位について補修、修復済みの状態の車両。
・走行距離5万km未満の車両。
・初度登録年月日からの経過が4年(48カ月)以内の車両。

認定中古車となるのは、これらすべての条件を満たす車両のみ。購入者には、5年もしくは10万kmまでのバッテリー性能保証や、メンテナンスサービスなどが提供される。

(webCG)
 

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
ホームへ戻る