「日産リーフ」の認定中古車制度がスタート

2013.07.23 自動車ニュース
「日産リーフ」

「日産リーフ」の認定中古車制度がスタート

日産自動車は2013年7月23日、電気自動車「リーフ」の認定中古車制度を開始すると発表した。

 

認定中古車とは、日産が定める認定基準をクリアした車両に対し、購入販売会社が「認定証」を発行したものである。

認定基準は以下の5項目。
・バッテリー容量計が12セグメント(新車時から1セグメントも減っていない状態)の車両。
・事故修復歴(財団法人 日本自動車査定協会基準)がない車両。
・外観傷や内装傷、故障部位について補修、修復済みの状態の車両。
・走行距離5万km未満の車両。
・初度登録年月日からの経過が4年(48カ月)以内の車両。

認定中古車となるのは、これらすべての条件を満たす車両のみ。購入者には、5年もしくは10万kmまでのバッテリー性能保証や、メンテナンスサービスなどが提供される。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る