第306回:モンテゼーモロ特急と激暑ローカル線
「ユニクロ品質」なきイタリア

2013.07.26 エッセイ

特急「イタロ」

イタリア初の民営高速特急「イタロ」が営業開始して、早くも1年3カ月余りが過ぎた。イタロを運行しているのは、フェラーリの会長を務めるルカ・ディ・モンテゼーモロや、靴やバッグのブランド、トッズの会長であるディエゴ・デッラ・ヴァッレらが出資して設立された鉄道会社である。
社名はイタリア語で新旅客輸送を意味する「ヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ」という。略称は、思わず日本テレビかと勘違いする「NTV」だ。
イタロは、旧イタリア国鉄系の高速鉄道用新線や駅設備を借りて営業している。日本ならば、新幹線の線路に私鉄の特急もときどき走っていると考えればよい。

このイタロ、かつて高速新線がない時代は約3時間かかっていた中部フィレンツェ-北部ミラノ間を1時間38分で結んでいる。
予約は専用ウェブサイトからできる。料金や条件は航空会社のように残席数によってフレキシブルに変更される。今原稿を書いている時点で翌日のフィレンツェ-ミラノ往復を選択すると、エコノミー相当のスマートクラスで、往復約1万円である。同じ区間をクルマで行く場合の、高速道路の通行料金+燃料代よりも安い。

旧国鉄系の乗務員が旧来の鉄道員然としているのに対し、イタロのクルーの平均年齢は明らかに若く、てきぱきとしている。

車内では通信会社を問わずWi-Fiが無料で使える。YouTubeなどのストリーミング鑑賞はできないようになっているが、代わりに車内専用サイトでさまざまなイタリアおよび外国映画、そしてニュースが無料で見られるから、スマートフォンやタブレットPCを持参するだけで退屈しない。電源アウトレットも付いている。

窓が広いのもよい。NTVによると、ウィンドウ面積は従来型車両の2割増しという。最高営業速度は時速300kmだ。並行して走っている高速道路「太陽の道(アウトストラーダ・デル・ソーレ)」を走るクルマが止まっているように見えるから痛快である。
そのようなわけで、イタリア北部へ仕事に行くことが多いボクにとって、イタロは大変便利な、いわば通勤電車になりつつある。

イタリアNTV社の特急「イタロ」。ミラノ・ポルタ・カリバルディ駅で。
イタリアNTV社の特急「イタロ」。ミラノ・ポルタ・カリバルディ駅で。
イタロのエコノミークラスである「スマート」。それでもシートは、上級クラスと同じポルトローナ・フラウレザー×ジウジアーロデザインである。
イタロのエコノミークラスである「スマート」。それでもシートは、上級クラスと同じポルトローナ・フラウレザー×ジウジアーロデザインである。
車内の電光掲示板。営業最高速度は時速300km。
車内の電光掲示板。営業最高速度は時速300km。
初夏のひとこま。携帯電話の会話内容から、全国統一卒業試験の準備にいそしむ女子高生とみた。
初夏のひとこま。携帯電話の会話内容から、全国統一卒業試験の準備にいそしむ女子高生とみた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。