第307回:あの日夢見た、座間製フォルクスワーゲン

2013.08.02 エッセイ

中学3年生の夢

最新の国際自動車ニュースによると、フォルクスワーゲン(VW)は、最高級車「フェートン」を米国市場で復活させる可能性が浮上してきた。フェートンは2004年北米に投入されたが、思うほど販売台数が伸びず、2006年にカタログから落とされた。VWは今回、再チャレンジを図るべく、2014年1月のデトロイトショーでフェートンの新モデルを公開するという。

現地工場製「パサート」でプレミアムモデルのイメージが定着しつつあるVWにとって、アメリカの消費回復を追い風にフェートン復帰を成功に導けるのか興味深いところだ。

ところでVWの最高級モデルと聞いて、へそ曲がりのボクが思い出したのは、かつてのVW製最高級車で、日産とのライセンス提携によって日本で生産された「サンタナ」である。
思い起こせば1981年、ボクが中学3年生のときだった。

当時ボクは、3年後の18歳の誕生日を前に、自分が乗るクルマは何がいいか、日々想像の翼を羽ばたかせていた。現実的な候補としては、なんとか親に買ってもらえそうなVWの「ポロクラシック」(ドイツ名:ダービー)、もしくは中古の初代「シロッコ」だった。
ところがわが家に出入りしていたヤナセのセールスマン氏は、「ポロクラシックなら、もう少し頑張って『ゴルフ』になさったほうが」と言う。ボク自身は、ゴルフはあまりにポピュラーすぎて興味が湧かなかった。
いっぽう中古の初代シロッコも、今以上に臆病だったボクゆえ「中古買って、壊れちゃったらどうしよう」といった不安が、やがて頭をもたげてきた。

そこに降って湧いた話が、日産自動車とVWの提携調印だった。日産が生産する車種として決まったのは、2代目パサートの3ボックス版として、その年ドイツで発表されたサンタナであった。

当時わが家で買った「アウディ80」は約300万円だったことから「日本で組み立てるんだから、200万円くらいかな」と妄想を繰り返していた。何かトラブルがあったときは、日産ディーラーに駆け込めそうなのも安心だ。
日産はサンタナを神奈川県座間市の工場で組み立てることを発表した。わが家のお墓は座間にあった。これは何かのご縁と思った。

「日産フォルクスワーゲン・サンタナ」(M30型)。これは登場年である1984年の、5気筒エンジンを載せた「2000Xi5」。
「日産フォルクスワーゲン・サンタナ」(M30型)。これは登場年である1984年の、5気筒エンジンを載せた「2000Xi5」。
1984年「日産フォルクスワーゲン・サンタナ」(M30型)。ウィンカーレバーは、右ハンドルにもかかわらず、左側に付いていた。
1984年「日産フォルクスワーゲン・サンタナ」(M30型)。ウィンカーレバーは、右ハンドルにもかかわらず、左側に付いていた。
1984年「日産フォルクスワーゲン・サンタナ 2000Xi5」(M30型)のシート。
1984年「日産フォルクスワーゲン・サンタナ 2000Xi5」(M30型)のシート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。