マセラティ・クアトロポルテGT S(FR/8AT)

その変身に野心あり 2013.08.07 試乗記 先代と比べてより大きく、豪華に生まれ変わった「マセラティ・クアトロポルテ」。新型3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載する上級モデル「クアトロポルテGT S」を試した。

あの素晴らしい音をもう一度

ごく穏やかに始動したV8ツインターボエンジンの音を聞いて、あらためてあの「クアトロポルテ」とは違うんだ、と実感する。新型3.8リッター直噴V8エンジンも迫力ある低音を響かせているが、火が入る時にクワッと叫ぶこれまでの自然吸気V8の、にぎやかな目覚めの咆哮(ほうこう)が懐かしい。トレンドに沿ってダウンサイジングした新型V8はもちろん大幅にパワーアップするとともに燃費も20%削減、実際のパフォーマンスでもマセラティ史上最速のセダン(最高速307km/h、0-100km/h加速4.7秒)になったとはいえ、胸に突き刺さるような快音と、触れるものすべてを切り裂くようなレスポンスを持つあの素晴らしいV8が役目を終え、姿を消したことは残念と言うほかない。

とはいえ、どれほどの傑作ユニットであったとしても、いつまでもそれに頼っているわけにはいかない。マセラティは次のステップとして、もっと大きなビジネスを目指しているのだ。すなわち新しいクアトロポルテをフラッグシップに据えた後は、「ギブリ」の名を復活させたよりコンパクトな新型スポーツセダン、さらにはSUVまでも投入してラインナップを拡大。現状7000台程度の生産台数を2015年には年間5万台まで引き上げるという野心的な戦略を立てているからだ。

従来型クアトロポルテは、エレガントで真にスポーティーな大型サルーンという新たなジャンルを切り拓(ひら)き、マセラティを復活させた立役者ではあるが、2003年のデビューからもう10年がたつ。もともと大型ラグジュアリーサルーンのセグメントはそれほど選択肢が多かったわけではない。ドイツ御三家メーカーのフラッグシップは、あくまでフォーマルなショーファードリブンカーの性格が強く、自分でステアリングホイールを握るパーソナルカーとしては「ジャガーXJ」ぐらいしかなかった。そこに切り込んで新たな市場を開拓したのがマセラティであり、その成功を見てポルシェやアストン・マーティンなどのライバルもこぞって大型4ドアサルーンを投入してきた。そんなフォロワーたちを突き放し、厳しくなるエミッション規制に対応するためには、ヒット作にしがみついているわけにはいかないのだ。

2015年までに年産5万台体制を目指すマセラティ。新型「クアトロポルテ」はその第一歩となる。
2015年までに年産5万台体制を目指すマセラティ。新型「クアトロポルテ」はその第一歩となる。
ウッドとレザーがふんだんに用いられたインテリア。インパネの中央にはアナログ時計、そして車載装備の多くを操作できる「マセラティ タッチ コントロール スクリーン」(ナビ兼用)が備わる。
ウッドとレザーがふんだんに用いられたインテリア。インパネの中央にはアナログ時計、そして車載装備の多くを操作できる「マセラティ タッチ コントロール スクリーン」(ナビ兼用)が備わる。
ZF社のトルコン式8段ATを搭載。低燃費モード「I.C.E.(Increased Control and Efficiency)」を含む、5つのシフトモードが用意される。
ZF社のトルコン式8段ATを搭載。低燃費モード「I.C.E.(Increased Control and Efficiency)」を含む、5つのシフトモードが用意される。
3.8リッターV8ツインターボエンジンは530psと66.3kgmを発生。オーバーブースト時にはトルクは72.4kgmに達する。
3.8リッターV8ツインターボエンジンは530psと66.3kgmを発生。オーバーブースト時にはトルクは72.4kgmに達する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。