BMW 320i xDriveツーリング モダン(4WD/8AT)

さらりとした4WD 2013.08.22 試乗記 4輪がガチッと路面をとらえる骨太なフィールこそが4WDドライビングの妙味? それとも、今どきの4WDは後輪駆動車のように軽いフットワークを持つべき? ハンドリングに一家言持つBMWは、こう考えている。

多いに越したことはないが

昨年発売されたF30型「3シリーズ」はこの1年半ほどの間に続々とラインナップを拡大しているが、あらためて数えてみたら全部で56車種もあった。「クーペ」やひと回り大きなボディーの「グランツーリスモ」は勘定にいれず、BMWジャパンが日本仕様として現在ラインナップしている3シリーズのセダンとツーリングだけでも、パワートレインや駆動方式、トリムの違いで今やこれほどの数に上る。なんともびっくり、「マークII」三兄弟華やかなりし頃のトヨタも顔負けのバリエーション展開である。かつてはMTモデルひとつ輸入するのにも苦労し、その理由というか言い訳(?)を並べていたBMWジャパンゆえ、なおさらその変身ぶりにただ驚くばかり。これだけモデル数が増えると、在庫管理やディーラーサポートその他は大丈夫なのかと、かえって心配になってしまうほどだ。

もちろんユーザーにとっては、MT仕様やディーゼルターボ、ハイブリッド、それに4WDモデルなど、選べるバリエーションが多いのは基本的に大歓迎である。例えば、降雪地に住むためにできれば4WDが望ましいが、大きなSUVまでは必要ないと考えているユーザーにとっては、この4月に追加発売された3シリーズの「xDriveツーリング」、すなわちステーションワゴンの4WD版などは打ってつけのモデルと言えるのではないか。

という僕自身もセダン系4WDには憧れを抱いていた。BMWの四駆といえば、思い出すのは1980年代半ばから90年代初めにかけてのE30型3シリーズに存在した「325iX」だ。名高いスモールシックスを搭載し、プラネタリー式のセンターデフを装備したBMW初の市販フルタイム乗用車であり、雪国の若者の憧れの車だった。今思い出しても、サイズといいパワーといい、バランスに優れた素晴らしい4WDセダンだったが、ただでさえ手が届かない「325i」よりさらに高価だったのは言うまでもない。「アウディ・クワトロ」もそうだったが、本物の4WD車は昔から高いのである。

その後、雪山で「トヨタ・セリカ」があり得ない走破性を見せる映画のおかげか、WRC(世界ラリー選手権)が知られるようになったせいかは知らないが、4WDスポーツセダンの人気が高まった時代もあったが、今では三菱もスバルもWRCから撤退して久しく、ヨンク方面についてはごく一部の人のマニアックな話題に縮小してしまったようだ。高性能SUVのドライバーの多くは駆動方式などに興味はなさそうだし、メーカーのスタッフさえ「いやあどんな4WDですかって聞かれても。ヨンクはヨンクです」なんてことも珍しくない昨今だ。でも今回はかつてWRCを追いかけたラリー好きとして、webCG担当の懐の深さをいいことに余談から始めたい。

4WD仕様「xDrive(エックスドライブ)」は、日本では「320i」だけに設定される。


	4WD仕様「xDrive(エックスドライブ)」は、日本では「320i」だけに設定される。
試乗車は「モダン」ライン。「オイスター」と呼ばれるベージュのインテリアカラーと「ダーク・パール」のパネルが、室内を明るく洒脱(しゃだつ)に演出する。
試乗車は「モダン」ライン。「オイスター」と呼ばれるベージュのインテリアカラーと「ダーク・パール」のパネルが、室内を明るく洒脱(しゃだつ)に演出する。
2リッター直4ターボエンジンは184psと27.5kgmを発生する。JC08モード燃費は14.5km/リッター。
2リッター直4ターボエンジンは184psと27.5kgmを発生する。JC08モード燃費は14.5km/リッター。
「モダン」ラインでは、クロスとレザーのコンビネーションシートが標準。試乗車にはオプションの「ダコタ・レザー・シート」が装着されていた。
「モダン」ラインでは、クロスとレザーのコンビネーションシートが標準。試乗車にはオプションの「ダコタ・レザー・シート」が装着されていた。
動力性能は0-100km/h加速が7.7秒、最高速が223km/hと発表されている(欧州仕様の場合)。
動力性能は0-100km/h加速が7.7秒、最高速が223km/hと発表されている(欧州仕様の場合)。
関連記事
  • BMW 335iツーリング Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2013.9.12 試乗記 その走りはまさにスポーツカー? 今や希少な直6エンジンに、専用チューニングのローダウンサスを組み合わせた「BMW 335iツーリング Mスポーツ」を試す。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。
  • BMW 320i xDriveツーリング モダン(4WD/8AT)【試乗記】 2013.8.22 試乗記 4輪がガチッと路面をとらえる骨太なフィールこそが4WDドライビングの妙味? それとも、今どきの4WDは後輪駆動車のように軽いフットワークを持つべき? ハンドリングに一家言持つBMWは、こう考えている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
ホームへ戻る