ジープ・コンパス リミテッド(4WD/6AT)/クライスラー300C ラグジュアリー(FR/8AT)

攻めに転じるアメリカ勢 2013.08.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。

“伊米一体”で勝負をかける

新車をたくさん売るにはどうすればよいか――。たくさんの要素があるだろう。だが、まず何よりも商品がよくないといけない。速くてもいいし、広くてもいいのだが、とにかく良い商品じゃないと売れない。

ただ、今売ってるクルマはだいたいどれも良い商品だ。(大事なことだが)排ガスと燃費で縛られているので、出せるパフォーマンスがだいたい決まる。すると重さが決まる。するとサイズもだいたい決まる。そうなると価格もだいたい似通う。デザインにも客観的な良しあしはあるだろうが、好き/嫌いの要素のほうが販売を左右するし、そもそも売れたらそれがよいデザインだ。

つまり、どのクルマも悪くない。悪いクルマとメーカーはすでにだいたい淘汰(とうた)されている。ならば、どこで売れる/売れないの差がつくか。販売力で差がつく。iTunes Storeで売っているコンテンツなら需要が増してもどこまでも在庫切れを起こさず売れるが、クルマは生産能力に限界があるし、販売に際しいろいろ手続きが必要なので、ひとりのセールス氏がひと月に販売できる数が決まっている。だから売ってる店舗が多く、セールス氏が多いブランドが勝つ。念のために確認してみると、ほぼきれいに店舗数が多いブランドほど販売台数が多い。売れるからさらに商品が充実し、店も増えるという好循環の結果でもあるが。

じゃあたくさん売るには店を増やせばいいじゃないか? ことはそう簡単ではない。いいセールス氏はだいたい老舗ブランドにとられているし、適切なロケーションにはやっぱりすでに老舗ブランドの店舗が存在するからだ。むやみに増やしても、不便な場所で新人ばかりが売る店になってしまう。売った後も付き合いが続くクルマの場合、これではブランド全体の印象を下げるだけ。

そんななか、それぞれの親会社がくっついたのを機に日本法人も事実上ひとつとなったフィアット クライスラー ジャパンは、再編のタイミングを利用し、店舗を増やす計画を実行中だ。2013末までに、全国でフィアット/アルファ系ディーラーを12増やして86店舗に、クライスラー/ジープ系ディーラーを12増やして69店舗に、アバルトディーラーを16増やして20店舗にするという。

フィアット クライスラー ジャパンが、簡単ではないはずの店舗増加をハイピッチで計画できるのは、フィアットを売ってきたところにクライスラーも、クライスラーを売ってきたところにフィアットも扱うよう推進しているからだ。これならもともと実績のあるディーラーに新たなブランドを託すことができる。

従来2リッターFFだけだった「ジープ・コンパス」に、2.4リッター4WDモデルが加わった(2013年5月24日発表)。
従来2リッターFFだけだった「ジープ・コンパス」に、2.4リッター4WDモデルが加わった(2013年5月24日発表)。
2.4リッター4WDモデルは「リミテッド」と名付けられた。これを機に、従来「リミテッド」と呼ばれた2リッターFFは「スポーツ」と改名された。
2.4リッター4WDモデルは「リミテッド」と名付けられた。これを機に、従来「リミテッド」と呼ばれた2リッターFFは「スポーツ」と改名された。
新たに登場した2.4リッター直4のJC08モード燃費は10.7km/リッターと、2リッター直4(10.6km/リッター)より優秀な数値が掲げられる。
新たに登場した2.4リッター直4のJC08モード燃費は10.7km/リッターと、2リッター直4(10.6km/リッター)より優秀な数値が掲げられる。
「クライスラー300」のラインナップは、ベーシックな「300 リミテッド」と装備が充実した「300C ラグジュアリー」の二本立て。試乗車は後者。
「クライスラー300」のラインナップは、ベーシックな「300 リミテッド」と装備が充実した「300C ラグジュアリー」の二本立て。試乗車は後者。
インパネやセンターコンソールには、伊ポルトローナ・フラウ社製のレザーが張られる。ハンドル位置は右のみ。

インパネやセンターコンソールには、伊ポルトローナ・フラウ社製のレザーが張られる。ハンドル位置は右のみ。
関連記事
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • クライスラー300C SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2006.7.26 試乗記 クライスラー300C SRT8(FR/5AT)
    ……726万6000円

    ゴツさが人気の「クライスラー300C」にハイパフォーマンスモデルが登場。ただでさえ大きな5.7リッターOHVのHEMIユニットを6.1リッターまで拡大した心臓に、併せてチューニングされた足まわりを持つ。ゴツいだけじゃない、このクルマの真骨頂とは?


  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.18 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    モデルチェンジを受けたクライスラーのフラッグシップセダン「300」が上陸した。フィアット傘下でアメリカンフルサイズはどう生まれ変わったのか。
  • クライスラー300C ツーリング 5.7HEMI(FR/5AT)【試乗記】 2006.9.5 試乗記 クライスラー300C ツーリング 5.7HEMI(FR/5AT)
    ……646万8000円

    2006年7月8日、クライスラーのフラッグシップ300Cにステーションワゴン版が登場!ミニバンが人気の日本市場で、アメリカンワゴンはどう受け入れられるのだろうか。その魅力とは。


  • クライスラー300C 5.7 HEMI(FR/5AT)【試乗記】 2005.2.28 試乗記 クライスラー300C 5.7 HEMI(FR/5AT)
    ……567万円

    二玄社編集顧問大川悠が昨年試乗したクルマの中で、いちばん強い印象を受けたのが「クライスラー300C」だった。「新開発のOHV」を心臓に持ち、メルセデス・ベンツのコンポーネントを流用するモデルの魅力は、デザインによるところも大きかった。


ホームへ戻る