レクサス「RX」を一部改良

2013.07.25 自動車ニュース
「レクサスRX450h“Fスポーツ”」
「レクサスRX450h“Fスポーツ”」

レクサス「RX」を一部改良

トヨタ自動車は2013年7月25日、「レクサスRX」に一部改良を実施し、同年8月1日に発売すると発表した。

「RX350“バージョンL”」
「RX350“バージョンL”」

今回の一部改良では、全車にデイライト機能付きのLEDクリアランスランプと、ITS(高度道路交通システム)スポット対応DSRCユニットを標準装備。高速道路上などに設置されたITSスポットと双方向通信を行うことで、前方の障害物情報や合流支援情報などをドライバーに提供することが可能となった。

カラーバリエーションも一部を変更しており、「RX450h“Fスポーツ”」「RX350“Fスポーツ”」には、ボディーカラーに“Fスポーツ”専用色のホワイトノーヴァガラスフレークを追加。インテリアカラーはサドルタン、ガーネットを含む全4色の設定とした。

また「RX450h“バージョンL”」「RX450h“バージョンL エアサスペンション”」「RX350“バージョンL”」「RX270“バージョンL”」には、オーナメントパネルに新たにバンブーを設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・RX270:432万円(FF)
・RX270“バージョンL”:485万円(FF)
・RX350:477万円(FF)/502万円(4WD)
・RX350“バージョンL”:527万円(FF)/552万円(4WD)
・RX350“Fスポーツ”:562万円(4WD)
・RX450h:561万円(FF)/586万円(4WD)
・RX450h“バージョンL”:611万円(FF)/636万円(4WD)
・RX450h“バージョンL エアサスペンション”:661万円(4WD)
・RX450h“Fスポーツ”:676万円(4WD)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る