究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】

2012.03.09 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」
究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】

【ジュネーブショー2012】究極のオープン「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」登場

伊ランボルギーニは、2012年3月6日に開幕したジュネーブモーターショーに、スーパースポーツ「アヴェンタドール」のオープンモデルである「アヴェンタドールJ」を出品した。

■公道走行可能なワンオフモデル

ルーフばかりかフロントウィンドウまで取り去った究極のオープンスポーツ、それが「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」だ。名前にある「J」は、モータースポーツで使用される車両を分類・定義する「FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項」に由来する。

6.5リッターV12を積む「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」をベースとしたアヴェンタドールJは、ベース車両同様、カーボンモノコックボディーを採用。オープン化にともないモノコックの多く部分が新設計されて、必要な補強も施されるが、車両重量はベースモデルよりもむしろ軽いという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4890×2030×1110mmと、全高の低さが際だっている。最も高い位置にあるのは、アームの先端に取り付けられたルームミラーと、シート後方に設けられた2本のロールオーバーバー。運転席、助手席の前方にはウインドディフレクターが設けられるが、走行時にはヘルメットやゴーグルなどが不可欠。そのぶん、通常のオープンカーとは別次元のスピード感が味わえるはずだ。

アグレッシブな印象を与えるフロントマスクは、レーシングカーを連想させるカーボン製のエアインテークが圧倒的な存在感を放っている。一方、リアには大型のリアウイングとリアディフューザーを設置することで、優れた空力特性を実現。特徴的なデザインの4本のテールパイプとテールランプとともに、パフォーマンスの高さを誇示するかのようだ。跳ね上げ式のドアはアヴェンタドール譲り。フロント20インチ、リア21インチの5スポークアルミホイールはセンターロック式で、カーボンのインサートはベンチレーション効果をもたらすという。

インテリアは、ボディー同色のセンターコンソールによってドライバーとパッセンジャーが分断される。ナビゲーションシステムやオーディオは装着されず、走りを楽しむための最低限の機能が用意されるだけだ。ダッシュボードやシートに見られるカーボン柄の素材は、本物のカーボンファイバーを織り上げたのち、特殊な樹脂を浸透させた「カーボンスキン」。自動車に採用されるのはこれが初めてで、適度に柔軟性が確保されるため、将来的には、ファッションなど自動車以外の分野での応用も期待されている。

すべてがスペシャルなアヴェンタドールJは、単なるコンセプトカーと思いきや、公道走行が可能な“ワンオフ”モデルであり、ジュネーブショーの閉幕後は、幸運なオーナーの手元に届けられるということだ。

(文=生方聡)

関連キーワード:
アヴェンタドールランボルギーニジュネーブモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.10 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」シリーズの頂点に君臨する「ウラカン ペルフォルマンテ」。640psまで強化されたV10エンジンをはじめ、エアロダイナミクスや軽量化など、同社が誇る先進技術が投入された“完全無欠のウラカン”の走りをサーキットで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.20 試乗記 車名の「ペルフォルマンテ」とは、英語でいう「パフォーマンス」の意。アクティブ・エアロダイナミクス・システムを得て、さらなる速さを手に入れたニューモデル「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」の実力を、鈴鹿サーキットで解き放った。
  • 「ランボルギーニ・デイ」の会場から(後編) 2016.9.17 画像・写真
  • ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(4WD/7AT)【試乗記】 2014.9.11 試乗記