究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】

2012.03.09 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」
究極のオープン「アヴェンタドールJ」登場【ジュネーブショー2012】

【ジュネーブショー2012】究極のオープン「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」登場

伊ランボルギーニは、2012年3月6日に開幕したジュネーブモーターショーに、スーパースポーツ「アヴェンタドール」のオープンモデルである「アヴェンタドールJ」を出品した。

■公道走行可能なワンオフモデル

ルーフばかりかフロントウィンドウまで取り去った究極のオープンスポーツ、それが「ランボルギーニ・アヴェンタドールJ」だ。名前にある「J」は、モータースポーツで使用される車両を分類・定義する「FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項」に由来する。

6.5リッターV12を積む「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」をベースとしたアヴェンタドールJは、ベース車両同様、カーボンモノコックボディーを採用。オープン化にともないモノコックの多く部分が新設計されて、必要な補強も施されるが、車両重量はベースモデルよりもむしろ軽いという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4890×2030×1110mmと、全高の低さが際だっている。最も高い位置にあるのは、アームの先端に取り付けられたルームミラーと、シート後方に設けられた2本のロールオーバーバー。運転席、助手席の前方にはウインドディフレクターが設けられるが、走行時にはヘルメットやゴーグルなどが不可欠。そのぶん、通常のオープンカーとは別次元のスピード感が味わえるはずだ。

アグレッシブな印象を与えるフロントマスクは、レーシングカーを連想させるカーボン製のエアインテークが圧倒的な存在感を放っている。一方、リアには大型のリアウイングとリアディフューザーを設置することで、優れた空力特性を実現。特徴的なデザインの4本のテールパイプとテールランプとともに、パフォーマンスの高さを誇示するかのようだ。跳ね上げ式のドアはアヴェンタドール譲り。フロント20インチ、リア21インチの5スポークアルミホイールはセンターロック式で、カーボンのインサートはベンチレーション効果をもたらすという。

インテリアは、ボディー同色のセンターコンソールによってドライバーとパッセンジャーが分断される。ナビゲーションシステムやオーディオは装着されず、走りを楽しむための最低限の機能が用意されるだけだ。ダッシュボードやシートに見られるカーボン柄の素材は、本物のカーボンファイバーを織り上げたのち、特殊な樹脂を浸透させた「カーボンスキン」。自動車に採用されるのはこれが初めてで、適度に柔軟性が確保されるため、将来的には、ファッションなど自動車以外の分野での応用も期待されている。

すべてがスペシャルなアヴェンタドールJは、単なるコンセプトカーと思いきや、公道走行が可能な“ワンオフ”モデルであり、ジュネーブショーの閉幕後は、幸運なオーナーの手元に届けられるということだ。

(文=生方聡)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ 2017.6.8 画像・写真 ドイツのニュルブルクリンクで量産車最速記録を樹立した、ランボルギーニのハイパフォーマンスモデル「ウラカン ペルフォルマンテ」が日本上陸。2017年6月8日、国内で初披露された。その姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
ホームへ戻る