4ドア版「ジープ・ラングラー」に特別な限定車

2013.07.25 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン 10thアニバーサリー エディション」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン 10thアニバーサリー エディション」

4ドア版「ジープ・ラングラー」に特別な限定車

フィアット クライスラー ジャパンは2013年7月25日、特別仕様車「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン 10th Anniversary Edition(10thアニバーサリー エディション)」を、同年8月3日に100台限定で発売すると発表した。

「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン 10thアニバーサリー エディション」は、4ドアモデル「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン」をベースに、ドレスアップアイテムや快適装備を追加した特別仕様車。
オフロードの走破性能を高めたハードコアモデル「ジープ・ラングラー ルビコン」の誕生10周年を記念して設定される、限定モデルである。

具体的な特別装備は、以下の通り。

・エンジンフードのパワードーム
・ロックレール
・「Rubicon」フードデカール
・「Rubicon 10th Anniversary」バッジ
・ブラックカラーのフューエルフィラードア
・ブラックカラーの17インチアルミホイール
・レッドカラーステッチ入りセンターアームレスト&ドアアームレスト
・レッドレザーシート(フロントに「Rubicon 10th Anniversary」刺しゅう入り)
・フロントシートヒーター
・「10th Anniversary」刻印入り助手席側アシストハンドル
・Rubicon 4×4 スペックプレート
・「Jeep」ロゴ入りラバーフロアマット
・プレミアム ビークル インフォメーションセンター

なお、パワートレインやサスペンションなど基本的なメカニズムは、ベースモデルと変わらない。

ハンドル位置は右のみで、価格は438万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
ホームへ戻る