4ドア版「ジープ・ラングラー」に特別な限定車

2013.07.25 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン 10thアニバーサリー エディション」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン 10thアニバーサリー エディション」

4ドア版「ジープ・ラングラー」に特別な限定車

フィアット クライスラー ジャパンは2013年7月25日、特別仕様車「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン 10th Anniversary Edition(10thアニバーサリー エディション)」を、同年8月3日に100台限定で発売すると発表した。

「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン 10thアニバーサリー エディション」は、4ドアモデル「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン」をベースに、ドレスアップアイテムや快適装備を追加した特別仕様車。
オフロードの走破性能を高めたハードコアモデル「ジープ・ラングラー ルビコン」の誕生10周年を記念して設定される、限定モデルである。

具体的な特別装備は、以下の通り。

・エンジンフードのパワードーム
・ロックレール
・「Rubicon」フードデカール
・「Rubicon 10th Anniversary」バッジ
・ブラックカラーのフューエルフィラードア
・ブラックカラーの17インチアルミホイール
・レッドカラーステッチ入りセンターアームレスト&ドアアームレスト
・レッドレザーシート(フロントに「Rubicon 10th Anniversary」刺しゅう入り)
・フロントシートヒーター
・「10th Anniversary」刻印入り助手席側アシストハンドル
・Rubicon 4×4 スペックプレート
・「Jeep」ロゴ入りラバーフロアマット
・プレミアム ビークル インフォメーションセンター

なお、パワートレインやサスペンションなど基本的なメカニズムは、ベースモデルと変わらない。

ハンドル位置は右のみで、価格は438万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る