レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)

都市内限定スポーツセダン 2013.07.30 試乗記 フルモデルチェンジを機に、「レクサスIS」に初めてハイブリッドモデルが加わった。モーター付きの“スポーツセダン”は、どんな走りを見せるのか? 燃費とあわせて報告する。

カタチに期待高まる

「このクルマは、新しい『IS』のカタチをした『プリウス』なのだ」と気づくまでずいぶん時間が必要だったのだから、私はおめでたい人間である。関西弁でいえばアホ、名古屋弁だとタワケやでアカンわ。祖母にはよくドタワケといわれたものである。それはそうなのである。プリウス同様のハイブリッドシステムだからして……。あるいは、パワートレインを共有する「クラウン ハイブリッド」に乗っていれば、かくも長時間悩む必要はなかったであろう。

東京・田町にあるレクサスの広報車取り扱いオフィスまで「IS300h」をピックアップに行った。このとき、新型ISを初めてまじまじと見た。プロポーションは先代ISと基本的に同じイメージだけれど、ダース・ベイダーを思わせるスピンドルグリルはアグレッシヴで、そのたたずまいはアッパレな伊達(だて)者といってよかった。ダース・ベイダーは、“独眼竜”伊達政宗の甲冑(かっちゅう)をモチーフにしている、という説もある。
ヴェンチュリー効果を示すがごとくにリアに向かって跳ね上がるサイドのキャラクターラインはナイキのマークのようでもあり、Just Do It! 静止しながらにして躍動感に満ちている。前後フェンダーはスポーツセダンらしい豊かな膨らみを見せ、試乗車は“バージョンL”ながら、1サイズ大きいオプションの18インチタイヤを装着している。面貌(めんぼう)はサムライ、サイドはアスリート、「走り」への期待感が高まる姿カタチである。

シフトレバーの近くに、いわゆるドライブモードの切り替えスイッチがついており、エコ、ノーマル、スポーツを選ぶことができる。
「スポーツにすると、スーッと速くなって面白いですよ」
担当の人が笑顔でそう言うので、私は大層期待して走り始めたのだった。バッテリーはビンビンだぜ。だからだろう、EVドライブモードで60km/hぐらいまで無音で走り続けた。2.5リッターのD-4Sユニットがブルンと目覚めても、ショックは皆無で、タコメーターがそれを教えてくれるといってよかった。それから私はドライブモードをスポーツにして、芝公園から首都高速に上がり、箱根方面を目指した。小雨まじりの、風の強い日だった。

サイドビュー。スポーツセダンの本質を追求し、アグレッシブなデザインを強調したという。


    サイドビュー。スポーツセダンの本質を追求し、アグレッシブなデザインを強調したという。
レクサス車共通のアイコンとなっている、L字型のポジショニングランプ。新型「IS」では、コンビランプの外側前方に独立して配される。
レクサス車共通のアイコンとなっている、L字型のポジショニングランプ。新型「IS」では、コンビランプの外側前方に独立して配される。
インテリアは、大型の液晶モニターを中央に、左右非対称のデザインを採用。
インテリアは、大型の液晶モニターを中央に、左右非対称のデザインを採用。
センターコンソールのアップ。左側には先代モデルにはなかった操作デバイス「リモートタッチ」が、右側には走行モードの選択ダイヤルが置かれる。
センターコンソールのアップ。左側には先代モデルにはなかった操作デバイス「リモートタッチ」が、右側には走行モードの選択ダイヤルが置かれる。

レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る