宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売

2012.03.09 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート ジュエル」
宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売

宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売

光岡自動車は2012年3月9日、装飾用素材「京都オパール」をエンブレムにあしらった、2種類の特別仕様車「ビュート ジュエル」と「ガリュークラシック ジュエル」を発売した。

“ジュエル”シリーズの目玉である、「京都オパール」のエンブレム。
“ジュエル”シリーズの目玉である、「京都オパール」のエンブレム。
高級皮革「カレドニアンレザー」が用いられるインテリア。
高級皮革「カレドニアンレザー」が用いられるインテリア。
「ガリュークラシック ジュエル」。20台限定で販売される。
「ガリュークラシック ジュエル」。20台限定で販売される。

「ビュート ジュエル」は、「ビュート」の中古車をベースに仕立て直されたミツオカの認定中古車。天然オパールと同じ石英粒子からなる、京セラ製の人工宝石「京都オパール」でできた専用エンブレム(グリルやリアドアなど全4カ所)が特徴で、シートの表皮には高級皮革「カレドニアンレザー」が採用される。

ボディーカラーは、クリーミーホワイトとブラックメタリック、フランボワーズレッドの3色が用意される。

価格は、ベース車両の条件により異なるが、一律でベース車両の17万8500円高となる。例えば、2008年式、走行3万キロの「12LX」(FF/4AT)には、203万7000円の値札が付けられる。

もう1台の「ガリュークラシック ジュエル」も、京都オパールのエンブレム(全3カ所)と専用刺しゅう入りの本革シートが特徴。ブラックマイカのボディーに、ダークレッドのインテリアが組み合わされる。

こちらは限定20台で扱われ、価格はベースモデル「ガリュークラシック15LX」(FF/CVT)より10万円高の278万円。

同社によれば、それぞれ「存在感のある宝石の輝きによって、神秘的で高級感漂うデザインのクルマに仕上がっている」とのこと。

(webCG 関)

「ガリュークラシック ジュエル」のインテリア。
「ガリュークラシック ジュエル」のインテリア。
宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
ホームへ戻る