宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売

2012.03.09 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート ジュエル」
宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売

宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売

光岡自動車は2012年3月9日、装飾用素材「京都オパール」をエンブレムにあしらった、2種類の特別仕様車「ビュート ジュエル」と「ガリュークラシック ジュエル」を発売した。

“ジュエル”シリーズの目玉である、「京都オパール」のエンブレム。
“ジュエル”シリーズの目玉である、「京都オパール」のエンブレム。
高級皮革「カレドニアンレザー」が用いられるインテリア。
高級皮革「カレドニアンレザー」が用いられるインテリア。
「ガリュークラシック ジュエル」。20台限定で販売される。
「ガリュークラシック ジュエル」。20台限定で販売される。

「ビュート ジュエル」は、「ビュート」の中古車をベースに仕立て直されたミツオカの認定中古車。天然オパールと同じ石英粒子からなる、京セラ製の人工宝石「京都オパール」でできた専用エンブレム(グリルやリアドアなど全4カ所)が特徴で、シートの表皮には高級皮革「カレドニアンレザー」が採用される。

ボディーカラーは、クリーミーホワイトとブラックメタリック、フランボワーズレッドの3色が用意される。

価格は、ベース車両の条件により異なるが、一律でベース車両の17万8500円高となる。例えば、2008年式、走行3万キロの「12LX」(FF/4AT)には、203万7000円の値札が付けられる。

もう1台の「ガリュークラシック ジュエル」も、京都オパールのエンブレム(全3カ所)と専用刺しゅう入りの本革シートが特徴。ブラックマイカのボディーに、ダークレッドのインテリアが組み合わされる。

こちらは限定20台で扱われ、価格はベースモデル「ガリュークラシック15LX」(FF/CVT)より10万円高の278万円。

同社によれば、それぞれ「存在感のある宝石の輝きによって、神秘的で高級感漂うデザインのクルマに仕上がっている」とのこと。

(webCG 関)

「ガリュークラシック ジュエル」のインテリア。
「ガリュークラシック ジュエル」のインテリア。
宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガリューの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る