宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売

2012.03.09 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート ジュエル」
宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売

宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売

光岡自動車は2012年3月9日、装飾用素材「京都オパール」をエンブレムにあしらった、2種類の特別仕様車「ビュート ジュエル」と「ガリュークラシック ジュエル」を発売した。

“ジュエル”シリーズの目玉である、「京都オパール」のエンブレム。
“ジュエル”シリーズの目玉である、「京都オパール」のエンブレム。
高級皮革「カレドニアンレザー」が用いられるインテリア。
高級皮革「カレドニアンレザー」が用いられるインテリア。
「ガリュークラシック ジュエル」。20台限定で販売される。
「ガリュークラシック ジュエル」。20台限定で販売される。

「ビュート ジュエル」は、「ビュート」の中古車をベースに仕立て直されたミツオカの認定中古車。天然オパールと同じ石英粒子からなる、京セラ製の人工宝石「京都オパール」でできた専用エンブレム(グリルやリアドアなど全4カ所)が特徴で、シートの表皮には高級皮革「カレドニアンレザー」が採用される。

ボディーカラーは、クリーミーホワイトとブラックメタリック、フランボワーズレッドの3色が用意される。

価格は、ベース車両の条件により異なるが、一律でベース車両の17万8500円高となる。例えば、2008年式、走行3万キロの「12LX」(FF/4AT)には、203万7000円の値札が付けられる。

もう1台の「ガリュークラシック ジュエル」も、京都オパールのエンブレム(全3カ所)と専用刺しゅう入りの本革シートが特徴。ブラックマイカのボディーに、ダークレッドのインテリアが組み合わされる。

こちらは限定20台で扱われ、価格はベースモデル「ガリュークラシック15LX」(FF/CVT)より10万円高の278万円。

同社によれば、それぞれ「存在感のある宝石の輝きによって、神秘的で高級感漂うデザインのクルマに仕上がっている」とのこと。

(webCG 関)

「ガリュークラシック ジュエル」のインテリア。
「ガリュークラシック ジュエル」のインテリア。
宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売の画像

関連キーワード:
ガリュービュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカが「ビュート」の25周年記念特別仕様車を発売 2018.1.18 自動車ニュース 光岡自動車は2018年1月18日、「ビュート」に特別仕様車「マイ ビュート 25周年記念特別仕様車」を設定し、同年1月20日から12月24日までの期間限定で販売すると発表した。
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • 「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場 2018.2.13 自動車ニュース DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に、50台の限定モデル「パルテノン」が登場。車名の通り、古代ギリシアの古代遺跡、パルテノン神殿をモチーフにしたというボディーカラーが特徴で、ルーフカラーには茶系の「ブラントパーズ」が用いられている。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る