第56回:自宅で楽しめる日米欧中の特選映画をセレクト!
夏休みに観たいクルマ映画DVD

2013.07.30 エッセイ

カメラは車内固定でカーチェイス

この欄でも紹介した『ワイルド・スピード EURO MISSION』が大ヒット中のようで、大変めでたい。クルマや人がバンバン飛んでぶつかる映像を見て大騒ぎするという、アメリカンな楽しみ方が日本人にも身についてきたのだろう。少々の無理や疑問点はやり過ごして、ド派手なクラッシュと男筋や女尻がいっぱいあればOKというわけだ。

ただ、今回の作品はポール・ウォーカー好きにとっては物足りないかもしれない。彼が演じるブライアンの活躍が、これまでに比べると乏しいのだ。登場するクルマが日本のスポーツコンパクトからアメリカンマッスルに移っていったのに並行して、人間もヴィン・ディーゼルやロック様の巨大な筋肉ばかりが強調されるようになってきた。ポール・ウォーカーの細マッチョなカラダは、その中では日陰の存在になりつつある。

でも大丈夫。全編にわたってポール・ウォーカーが映り続ける映画があるのだ。『逃走車』はカメラが終始クルマの中にあり、ずっと車載映像を見せられる。極端にアップになった時を除き、ドライバーがフレームから外れることはない。主人公のマイケル(ポール・ウォーカー)が南アフリカの空港でレンタカーをピックアップするところから物語は始まる。しかし、最初からトラブルだ。セダンを頼んであったのに、駐車場に用意されていたのはミニバンだったのだ。元妻に会うために急いでいる彼はそのままミニバンに乗っていくが、それが面倒を引き起こす。

ダッシュボードには携帯電話が置いてあり、「間違いなく始末しろ」と謎のメッセージが届く。足元には、ピストルがある。さらにトランクから両手両足を縛られた女が出てきた。わけがわからないまま彼は指名手配され、パトカーから追い回されるハメになる。相手は「BMW」や「メルセデス・ベンツ」といった高性能車だが、こちらはミニバンだ。しかも、アメリカから来たマイケルは、右ハンドル・左側通行という南アフリカの交通状況に慣れていない。絶体絶命の状況をどう切り抜けるのか。視点が車内に固定されているから、観客はどうしたって同乗している気分になり、緊迫感から逃れることはできない。

ということは、乗っているクルマの外観を見られないということでもある。最後の最後でカメラが外に出て、ようやく正体がわかった。「クライスラー・グランドボイジャー」である。緊迫のカーチェイスを演じたのは、ごくごく平凡なファミリーカーだったのだ。

『逃走車』DVD
『ワイルド・スピード EURO MISSION』
「クライスラー・グランドボイジャー」
1983年にデビューした「ダッジ・キャラバン」は、フルサイズバンに対するミニバンというコンセプトで大ヒット。北米以外では「クライスラー」ブランドで販売され、日本では3代目から「ボイジャー」「グランドボイジャー」が導入された。映画で使われているのは4代目モデル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。