フォーマルな装いの「ジープ・ラングラー」登場

2012.03.09 自動車ニュース

フォーマルな装いの「ジープ・ラングラー」登場

クライスラー日本は2012年3月8日、「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「Black Tie Edition(ブラック タイ エディション)」を設定し、50台限定で販売すると発表した。発売は3月10日。

今回の特別仕様車「ラングラー ブラック タイ エディション」は、2012年モデルの「ラングラー サハラ(2ドア4人乗り)」をベースに、「都会的で洗練されたシーンに合う一台」(プレスリリース)をイメージし、設定されたモデルだ。

エクステリアは、メッキパーツを随所に配してドレスアップ。インテリアではブラックレザーシートの採用がセリングポイントとなっている。

特別装備の内容は以下の通り
<エクステリア>
・特別デザインの18インチアルミホイール
・Jeep/Black Tie Editionロゴ入りハードタイプスペアタイヤカバー
・クロームミラーカバー
・クロームフロントグリル
・クロームドアハンドル
・クロームサイドステップ
・Black Tie Editionデカール
・クロームマフラーカッター
・クロームフューエルフィラードア

<インテリア>
・フロントシートヒーター付きブラックレザーシート
・Jeepロゴ入りシルバードアシルスカッフプレート
・プレミアムフロアマット(フロント、リア)

価格は388万円(ベース車+20万円)。ステアリング位置は右のみとなる。

(webCG)

「ジープ・ラングラー ブラック タイ エディション」
「ジープ・ラングラー ブラック タイ エディション」 拡大

フォーマルな装いの「ジープ・ラングラー」登場の画像 拡大

フォーマルな装いの「ジープ・ラングラー」登場の画像 拡大

関連キーワード:
ラングラージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
ホームへ戻る