スバルWRX STI tS TYPE RA NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/6MT)

売り切れ御免 2013.08.02 試乗記 スバルのモータースポーツ活動を担うSTIが、実戦で得たノウハウを注ぎ込んで作り上げた300台の限定モデルに試乗。現行型「WRX STI」の完成形という、その走りに触れた。

単なるうたい文句ではない

乗り終えて、じわじわ満足感が全身に満ちてくるのを実感させられる「WRX STI tS TYPE RA」。もともと「スバル・インプレッサ」は満足度が高い。「WRX STI」ならスポーツ心も満たされる。「スペックC」なら望外の幸せに浸れる。そのすべてを上質のゼリーに封じ込めたようなのが、今度の新型「TYPE RA」。ドライバーとしてだけでなく人間としての成熟を感じさせてくれて、「まるで運転がうまくなったように感じる」というのは本当だ。

それにしても、テストの前に説明を聞いてしまったのは失敗だった。スバルやSTIの技術者のクルマ話はオタクっぽく微に入り細をうがつので、聞くだけでクルマ全体がわかってしまったような気になる。そんな精神状態で乗るから、すべて納得せずにいられないのだ。すべてを詳しく報告するスペースはないから、特に注目すべき感触のみを取り上げておこう。

STIの息がかかったインプレッサだから、もちろん速い。とてつもなく速い。それも当然で、全長4.6m、重量1.5トン足らずなのに水平対向4気筒2リッターターボは最高出力308ps/6400rpm、最大トルク43.8kgm/3200rpmの怪力なのだ。しかもボールベアリング支持のターボだから瞬間的に回転が上がり、アッという間にトゥルルルル~ッと8000rpmのレッドゾーンまで飛び込みそうになる。
興味深いのは、このエンジンだけでなく6段MTもベースのスペックCと同じはずなのに、3500rpmを超えてからのパンチの盛り上がりを、より強く感じたこと。全域フラットトルクが常識になった今では珍しいドッカンタイプだ(ただし超低回転でも粘ることは粘る)。全身くまなく戦闘モード的なスペックCでなら「そんなもんだろう」と思えたものが、成熟した雰囲気のRAでは、実際以上に目立ってしまったのかもしれない。

こうなると、1、2速以外のギアでは2000rpm以下を使うのがためらわれ、必要以上にシフトダウンしたくなる。これを味わうにつけ、大人のスポーツセダンとして、STI単独ではなく親会社の富士重工が、時代の先端を行くDCT(デュアルクラッチトランスミッション)とパドルシフトの開発に乗り出してくれたらと思う。

随所に「STI」や「tS」のロゴがあしらわれたインテリア。ステアリングホイールには、赤ステッチ入りの本革を採用。
随所に「STI」や「tS」のロゴがあしらわれたインテリア。ステアリングホイールには、赤ステッチ入りの本革を採用。

エンジンはベース車の「スペックC」と共通。最大トルクは標準車より0.8kgm大きい43.8kgmで、発生回転数も4400rpmから3200rpmまで下げられている。


	エンジンはベース車の「スペックC」と共通。最大トルクは標準車より0.8kgm大きい43.8kgmで、発生回転数も4400rpmから3200rpmまで下げられている。
6段MTの仕様も「スペックC」から変更なし。STI製の本革巻きシフトノブを装備している。
6段MTの仕様も「スペックC」から変更なし。STI製の本革巻きシフトノブを装備している。
専用のサスペンションやボディー強化パーツなどによるシャシーチューニングが「tS TYPE RA」の見どころ。装備の詳細が気になる人は、こちらのニュースで確認してほしい。
専用のサスペンションやボディー強化パーツなどによるシャシーチューニングが「tS TYPE RA」の見どころ。装備の詳細が気になる人は、こちらのニュースで確認してほしい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?
  • スバルWRX STI S207 2015.10.28 画像・写真 スバルテクニカインターナショナルが、「究極のロードゴーイングSTI」を合言葉に「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を開発した。エンジンからボディー、サスペンションにいたるまで、くまなくチューニングが施された高性能モデルの姿を、写真で紹介する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る