第235回:【Movie】この街は今が「三丁目の夕日」だ! 大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ワルシャワ編」

2012.03.09 エッセイ

第235回:【Movie】この街は今が「三丁目の夕日」だ!大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ワルシャワ編」

もとはスターリンからのプレゼントだった科学文化宮殿前で。ポーランドはチェコに次ぐ東ヨーロッパ第2位の自動車生産国である。
もとはスターリンからのプレゼントだった科学文化宮殿前で。ポーランドはチェコに次ぐ東ヨーロッパ第2位の自動車生産国である。
道路標示。ワルシャワ空港は別名フレデリック・ショパン空港(左)といわれる。
道路標示。ワルシャワ空港は別名フレデリック・ショパン空港(左)といわれる。
地下街は、社会主義時代の面影を感じさせる古いものが多い。
地下街は、社会主義時代の面影を感じさせる古いものが多い。

ファッション性よりも実用性

実際に街で走っているクルマをカウントして、当地のムードを味わっていただく「捨て身の路上調査員シリーズ」、今回はポーランドの首都ワルシャワ編である。
郷土の誇り・作曲家ショパン像があるワジェンキ公園前で、2011年10月のある日曜日に、15分間数えたクルマのタイプは以下のとおりである。(動画に登場するクルマとは異なります)

・シュコダ:9台
・大宇(旧大宇自動車FSO含む):6台
・トヨタ:5台
・BMW、三菱、オペル、日産:3台
・アウディ、セアト、プジョー:2台
・メルセデス・ベンツ、クライスラー、フォルクスワーゲン、シトロエン、レクサス、ルノー、ボルボ、フォード、ランドローバー、マツダ、フィアット、アルファ・ロメオ、起亜、タタ:各1台

ポーランドといえば「フィアット500」や「ランチア・イプシロン」を造る工場があることで知られているが、意外に街では見かけない。その理由について、現地に住む自動車愛好家数名に聞いてみると、「いまだに大家族が多い国なので、大勢乗れてたくさんの荷物が載せられるクルマが好まれる」ということ、そして何より「この国は雪に強いクルマでないといけない」のだそうだ。ファッション性よりも実用本位でなければいけない背景があるのだ。

それにしても、街を行くクルマのなんとバラエティーに富んでいることよ。大半はポーランド工場製のオペルやシボレーをはじめとする一般的なファミリーカーだが、フォルクスワーゲングループに入る前のシュコダ(チェコおよび旧チェコスロバキア)や、旧公営FSO社を傘下に収めた旧・大宇自動車のポーランド製のクルマといった年代モノも街角にたたずんている。ちなみに動画内に登場する「大宇ティコ」のベースは3代目「スズキ・アルト」(1991-94年)だ。かと思えば、最新の大型レクサスやフェラーリ、そしてベントレーなどがこれ見よがしに通り過ぎる。

この混沌(こんとん)とした状況は、ようやく出始めた“まとも”なクルマと、見るからに心細い終戦直後耐乏期の国産車、そしてまったく別次元のアメリカ車が混在していた、1950年代末の東京の路上と同じ状況といえまいか。

そして当時の東京オリンピックにあたるのが、今年6月に開幕する欧州サッカー連盟が主催の「UEFA EURO 2012(ヨーロッパ選手権)」だ。街のあちこちではそれに合わせて工事が行われ、路線バスの多くは巡回ルートをたどる。この街は今まさに、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』ポーランド版の現在進行形なのだ。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

5ドアの「FSOポロネーズ」。1978年から91年まで生産されたロングセラー。
5ドアの「FSOポロネーズ」。1978年から91年まで生産されたロングセラー。
ポーランド人といえば前ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世も。地下街の商店にて。
ポーランド人といえば前ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世も。地下街の商店にて。
オランダのネッドカー社製で2004年まで造られていた「三菱カリスマ」の姿も。
オランダのネッドカー社製で2004年まで造られていた「三菱カリスマ」の姿も。

【Movie】大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ワルシャワ編」(前編)

【Movie】大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ワルシャワ編」(後編)

(動画と編集=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

市電は社会主義時代のものと最新型が混在している。これは名所旧跡をプリントした新型車両のシート。
第244回:【Movie】この街は今が「三丁目の夕日」だ! 大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ワルシャワ編」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。