スバルWRX STI tS TYPE RA 開発者インタビュー

数字よりフィーリング 2013.08.02 試乗記 スバルテクニカインターナショナル
商品開発部
マーケティンググループ/パーツ企画グループ 担当部長
森 宏志(もり ひろし)さん

スバルの“実戦部隊”ことSTIが作り上げた「WRX STI tS TYPE RA」が、300台限定で登場。現行型「WRX STI」最後の限定モデルに込められた、開発者のこだわりを聞いた。

速さの「S」、気持ちよさの「tS」

モータースポーツ界での華やかな戦歴で知られるSTI(Subaru Tecnica International)だが、市販モデルで最近こだわっているのは「tS」路線。「誰もが、まるで運転がうまくなったように感じる」というトータルバランスをうたう。その最新作が「WRX STI tS TYPE RA」だ。

そのポイントを「sport always」と簡潔に言い切るのは、開発の陣頭に立った森 宏志さん。富士重工で30年以上にわたり「レガシィ」や「インプレッサWRX STI」などを手掛け、組織が新しくなったSTIでは商品開発部マーケティンググループの担当部長をつとめている。

「(インプレッサWRX STIのラインナップの中で)『S○○○』というのは、速さの点では頂点です。それに対してtSは勝ち負けではなく、乗る人の自然な感覚に訴える自然さを目指してるんです。だからエンジンも、S○○○のような320psではなく、ベースとなった『スペックC』の308psをそっくりそのまま使ってます。6段MTも、AWD機構も、機械式リアLSDも同じ。もともと性能面では十分ですからね。そのうえで、速いだけじゃなく、操って気持ちいいかどうかを大切に考えたんです」

車両実験グループ担当部長の渋谷 真さんも「数字よりフィーリングです」と言う。
「細かい部分にずいぶん気を遣ったんですよ。例えばタイヤも、『ブリヂストン・ポテンザRE070』という名前や245/40R18のサイズはスペックCと同じですけど、微妙に性格を変えてあるんです。切った瞬間ガシッとたくましく応えるんじゃなく、じんわりカドがない曲がり方になるようにね。そのために、ケース剛性の高さだけを求めるより、切り込むに従って曲がり方も増すというリニア感を持たせるように作ってあるんです」

なるほど、性能の限りを尽くしてストップウオッチやライバルと戦うのではなく、瞬間ごとにクルマと語り合う納得感というわけか。だとすると、サスペンションもtSならではの味付けということになる。

300台限定で発売された「スバルWRX STI tS TYPE RA」。「WRX STI スペックC」をベースに、STIが独自のチューニングを施したクルマだ。
300台限定で発売された「スバルWRX STI tS TYPE RA」。「WRX STI スペックC」をベースに、STIが独自のチューニングを施したクルマだ。
今回の「tS」シリーズに対し「S」シリーズはより動力性能を重視したものとなっている。写真は2011年に登場した「S206」。現行型「WRX STI」には、このほかに「R205」と呼ばれるモデルも存在した。
今回の「tS」シリーズに対し「S」シリーズはより動力性能を重視したものとなっている。写真は2011年に登場した「S206」。現行型「WRX STI」には、このほかに「R205」と呼ばれるモデルも存在した。
<プロフィール>
1981年富士重工業入社。主にシャシー設計部でサスペンションや駆動系の設計を担当。1999年に商品企画本部に異動し、4代目「レガシィ」、2代目「インプレッサ」、3代目「WRX STI」の開発を歴任してきた。2012年にSTIに出向し、現在は担当部長としてコンプリートカーの開発取りまとめを担当。
<プロフィール>
	1981年富士重工業入社。主にシャシー設計部でサスペンションや駆動系の設計を担当。1999年に商品企画本部に異動し、4代目「レガシィ」、2代目「インプレッサ」、3代目「WRX STI」の開発を歴任してきた。2012年にSTIに出向し、現在は担当部長としてコンプリートカーの開発取りまとめを担当。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?
  • スバルWRX STI S207 2015.10.28 画像・写真 スバルテクニカインターナショナルが、「究極のロードゴーイングSTI」を合言葉に「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を開発した。エンジンからボディー、サスペンションにいたるまで、くまなくチューニングが施された高性能モデルの姿を、写真で紹介する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る