SUVってどこまでできるの?
スバルのSUV体感イベントを動画でリポート

2013.07.30 From Our Staff

 

SUVってどこまでできるの?スバルのSUV体感イベントを動画でリポートの画像
会場に居並ぶスバルのSUV。手前から「XV」「アウトバック」、奥の2台が「フォレスター」。
会場に居並ぶスバルのSUV。手前から「XV」「アウトバック」、奥の2台が「フォレスター」。

SUVってどこまでできるの?
スバルのSUV体感イベントを動画でリポート

いよいよ夏のレジャーシーズンが到来。この季節、海に山にと縦横無尽の活躍を見せるクルマといえば、ずばりSUVです。

とはいえ、「スズキ・ジムニー」や「ジープ・ラングラー」「トヨタ・ランドクルーザー」などといった本格クロカンはともかく、普段ちまたで見かけるカジュアルなモデルや、最近はやりのクロスオーバー車って、実際のところどこまでデキるの?

そんな疑問を解消すべく、東京・台場で開催中の「フジテレビ お台場合衆国」(開催期間:2013年9月1日まで)の中で行われている、「SUBARU体感!スバル!ワクワクパーク2013」を取材しました。

このイベントは、会場内の特設コースをインストラクターのドライブで周回するというもの。コースは1周5分ほどの長さで、斜度43%、高さ8mの坂道や丸太越えなどを通して、スバル自慢のSUVの実力を体感することができます。

今回はその様子を、動画で紹介します。

エンジン音を高めながら、ぐいぐいと坂を登る「XVハイブリッド」。
エンジン音を高めながら、ぐいぐいと坂を登る「XVハイブリッド」。
コース内でも特に目を引くのが、この大きな坂。斜度は43%、高さは8mもあり、撮影のために駆け上がると、ひざにきました。
コース内でも特に目を引くのが、この大きな坂。斜度は43%、高さは8mもあり、撮影のために駆け上がると、ひざにきました。

■「SUBARU体感!スバル!ワクワクパーク2013」(急斜面1)

まずは斜度43%の急勾配。クルマは2013年6月にデビューした「スバルXVハイブリッド」。見上げるような坂道を、助走もなしに力強く登っていきます。ちなみに「フォレスター」では、この下り坂で「X-MODE」のヒルディセントコントロールを体感できます。
 

ひざ下までつかりそうな水たまりも、難なくクリア。もちろん、実際のシチュエーションでは、無理は禁物です。
ひざ下までつかりそうな水たまりも、難なくクリア。もちろん、実際のシチュエーションでは、無理は禁物です。

■「SUBARU体感!スバル!ワクワクパーク2013」(急斜面2)

同じシーンを、今度は坂の下から。跳ねる水しぶきに夏の涼を感じますね。この様子なら、駆動用バッテリーの漏電の心配もなさそう?
 

アスファルトに埋め込まれた障害物をクリアする「丸太越え」。
アスファルトに埋め込まれた障害物をクリアする「丸太越え」。
丸太の高さは「XVハイブリッド」の地上高ぎりぎりとのこと。
丸太の高さは「XVハイブリッド」の地上高ぎりぎりとのこと。

■「SUBARU体感!スバル!ワクワクパーク2013」(丸太越え)

対角線上のタイヤが浮き上がるように設置された丸太の上を走破。インストラクターいわく、「XVハイブリッドは、空転したタイヤにブレーキをかけて、地面に接地したタイヤに駆動力を送り込むことができるので、こうしたシーンでも脱出できるんですよ」とのこと。
 

 
SUVってどこまでできるの?スバルのSUV体感イベントを動画でリポートの画像
会場では、今やおなじみの運転支援システム「アイサイト」の体験コーナーも。興味がある人はぜひ。
会場では、今やおなじみの運転支援システム「アイサイト」の体験コーナーも。興味がある人はぜひ。

■「SUBARU体感!スバル!ワクワクパーク2013」(車内から)

最後はコースを1周するXVハイブリッドの車内から。
短い時間でしたが、面白い体験をさせてもらいました。

(webCG 堀田)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る