ランドローバー・レンジローバー スポーツ V8スーパーチャージド(4WD/8AT)

二代目は万能選手 2013.08.25 試乗記 「レンジローバー」のオフロード性能はそのままに、オンロードの走行性能を大幅に高めた「レンジローバー スポーツ」が、さらに“ワイドレンジ”に進化した。その走りはいかに? イギリスからの第一報。

「レンジローバー」と足並みをそろえる

「イヴォーク」の誕生、「レンジローバー」のフルモデルチェンジに続いて、「レンジローバー スポーツ」が生まれ変わった。
レンジローバー スポーツは、2004年に「レンジストーマー」という名前の大胆な2ドアコンセプトモデルとして世に問われた。2005年にレンジローバー スポーツとして市販が開始されてから、今までに世界中で45万台が販売された。
今回のフルモデルチェンジによって、イヴォーク、レンジローバー スポーツ(以下スポーツ)、レンジローバーという3モデルがそろい、レンジローバーブランドの、最新ラインナップの最後の1ピースがはめ込まれたことになる。
日本仕様は2013年11月の東京モーターショーで発表される予定だが、ひと足先にイングランド中部の町、チェルトナムで行われた国際メディア試乗会に参加してきた。

新型スポーツの特徴を順番に挙げていくと、まずはレンジローバーに準じるオールアルミニウム製シャシーがある。これによる軽量化はディーゼルエンジン搭載モデルでは最大で420kgにも上り、日本に導入される2モデル、すなわちガソリンのスーパーチャージド3リッターV6エンジン搭載モデルと5リッターV8モデルでは、それぞれ240kgと170kgになるもようだ。どちらにしても、相当に軽くなる。

また、新型スポーツはレンジローバーと並行して開発され、兄弟車としての共通点を持つ一方で、総部品点数の75%が新型スポーツ独自のものとなる。
とはいっても、モデルチェンジの方向性はレンジローバーに準じている。その代表格が、ランドローバー各車の4輪駆動システムの要となっている「テレインレスポンス」の、「テレインレスポンス2」への進化だろう。オンロードではほぼ、新たに設けられたAUTOモードで走る。このモードには、路面状況に合わせて自動的にトルク配分やシフトスケジュールを変更するプログラムが組み込まれている。その詳細は、昨年モロッコで行われたレンジローバーのメディア試乗会(こちらをクリック)の報告を参照してほしい。

ワールドデビューは2013年3月のニューヨークショー。俳優のダニエル・クレイグが車両の披露を行った。
ワールドデビューは2013年3月のニューヨークショー。俳優のダニエル・クレイグが車両の披露を行った。
「レンジローバー スポーツ」の最大の市場はアメリカ。その中でも、ニューヨーク地区が最多の販売台数を誇るという。
「レンジローバー スポーツ」の最大の市場はアメリカ。その中でも、ニューヨーク地区が最多の販売台数を誇るという。
ボディーは「レンジローバー」と同様にオールアルミ構造に。プラットフォームは従来モデルと比べて39%軽量化されている。
ボディーは「レンジローバー」と同様にオールアルミ構造に。プラットフォームは従来モデルと比べて39%軽量化されている。
ATは8段(ZF社の8HP70)。シフトセレクターはダイヤル型ではなく一般的な形状へ。走行モード切り替え機構は「テレインレスポンス2」に進化した。
ATは8段(ZF社の8HP70)。シフトセレクターはダイヤル型ではなく一般的な形状へ。走行モード切り替え機構は「テレインレスポンス2」に進化した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る