マセラティ・ギブリ(FR/8AT)/ギブリS Q4(4WD/8AT)/ギブリ ディーゼル(FR/8AT)

熱きスポーツサルーン 2013.08.15 試乗記 2015年までに年産5万台を目指すマセラティ。「クアトロポルテ」をひとまわりコンパクトにした、この新型「ギブリ」こそが、新世代マセラティの主役と言えるかもしれない。イタリアはシエナからの第一報。

“ショート・クアトロポルテ”的な成り立ち

「ギブリ」の名を目にすると、いわゆるスーパーカー世代ならずとも、ギア在籍時代のジウジアーロがデザインした端正なクーペ&スパイダーボディーのフロントに4.7~5リッターのV8エンジンを搭載した、1960年代後半から70年代前半にかけて現役だったマセラティのグラントゥーリズモ、初代ギブリを思い出すはずだ。しかし、その栄光の名を与えられて2013年に登場したまったく新しいマセラティは、4ドアサルーンだった。

新型「クアトロポルテ」が発表されたとき、それよりひと回り小さいマセラティのサルーンが登場することは周知の事実となっていたが、それがクアトロポルテに数カ月遅れて世に出たギブリだった。ところがそれは、ひと回り小さいとはいえ、クルマのディメンション全体にわたってクアトロポルテより小さいのではなく、小さいのは主に長さに関してであり、高さに関しては20mmだけ、幅に至ってはたった3mmしか違わない。

つまりギブリは、クアトロポルテよりひと回り小さい別のクルマではなく、クアトロポルテと同じプラットフォームを用いた、その長さ縮小版だったのである。両車の発表時におけるディメンションの数値を比べてみると、ギブリはクアトロポルテよりホイールベースが173mm短く、全長が291mm短いのが最大のポイント、ということになる。

実際、クアトロポルテとは別のエクステリアデザインを施されたボディーは、新世代のマセラティサルーンらしい雰囲気は共通するものの、たしかにクアトロポルテよりひと回り小さいクルマに見える。と同時に、クアトロポルテより一段とスポーティーにも見える。

2013年4月の上海モーターショーでデビューした新型「ギブリ」。
2013年4月の上海モーターショーでデビューした新型「ギブリ」。
車名の「ギブリ」とは、北アフリカのリビアから地中海に向けて吹く熱風のこと。
車名の「ギブリ」とは、北アフリカのリビアから地中海に向けて吹く熱風のこと。
全長は4971mmで、ホイールベースは2998mm。「クアトロポルテ」と比べてそれぞれ291mmと173mm短い。ボディーのCd値は0.31。
全長は4971mmで、ホイールベースは2998mm。「クアトロポルテ」と比べてそれぞれ291mmと173mm短い。ボディーのCd値は0.31。
「ギブリ」の名を持つモデルとしては、今回が3代目。かつてマセラティには、「ミストラル」「ギブリ」「カムシン」など、車名に風の名前を付ける伝統があった。
「ギブリ」の名を持つモデルとしては、今回が3代目。かつてマセラティには、「ミストラル」「ギブリ」「カムシン」など、車名に風の名前を付ける伝統があった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギブリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • ボルボの最上級モデル「S90/V90/V90クロスカントリー」発売 2017.2.22 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月22日、ラインナップの最上級モデルとなるセダン「S90」とワゴン「V90」、クロスオーバー「V90クロスカントリー」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る