BMWが世界3都市で「i3」を同時発表

2013.07.30 自動車ニュース
「BMW i3」
「BMW i3」

BMWが世界3都市で「i3」を同時発表

独BMWは2013年7月29日、電気自動車(EV)の「BMW i3」をニューヨーク、ロンドン、北京の世界3都市で同時公開した。


BMWが世界3都市で「i3」を同時発表の画像

BMWが世界3都市で「i3」を同時発表の画像
ニューヨークの発表会場で、「BMW i3」の特徴を説明するBMWのノルベルト・ライトホーファー会長(向かって右から2人目)。
ニューヨークの発表会場で、「BMW i3」の特徴を説明するBMWのノルベルト・ライトホーファー会長(向かって右から2人目)。

BMW i3はEVやプラグインハイブリッド車などで構成される新ブランド「BMW i」初の市販モデルである(関連記事はこちら)。EVならではの低ランニングコスト、ローエミッションに加え、製造に必要な電力をすべて風力発電でまかなうなど、バリューチェーン全体での環境負荷低減にも配慮したモデルとされている。

 

同車の発表に際し、ニューヨークでの発表会に参加したBMWグループのノルベルト・ライトホーファー会長は、「イノベーションは変化を促す。i3はサステイナブルなモビリティーに向けた革新的な一歩であり、大都市圏の顧客ニーズに対応するため、電動パワートレインをはじめ、すべてを専用設計した」とスピーチ。一方、北京の会場では、同グループ財務担当取締役のフリードリッヒ・アイヒナー氏が「BMW i3は開発と生産に加え、アフターセールを含むすべての段階でサステイナブル・モビリティーの新しい基準を確立した」と述べた。

発売時期は、ドイツなどの欧州市場では2013年11月を、米国、中国、日本などでは2014年上半期を予定。基準価格はドイツで3万4950ユーロ(約454万3500円、1ユーロ=130円で換算)、オプションのレンジエクステンダー装着車で3万9450ユーロ(約512万8500円)となる。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る