BMW 320iグランツーリスモ モダン(FR/8AT)

セダンのような、ワゴンのような 2013.08.06 試乗記 ロングホイールベースと5ドアハッチバックのボディーが個性的な「BMW 3シリーズグランツーリスモ」。セダンともワゴンとも違う走り味と、使い勝手の特徴に触れた。

開発者泣かせのグランツーリスモ

「BMW 3シリーズ」のファミリーの一員であることに間違いはないとしても、なにやら面妖なディメンションのクルマである。ただし、既存のセダンやワゴンと比べて110mm長いホイールベースに関しては、中国向けにセダンのロングホイールベース版があるそうなので、まだわかりよい。それと同じ(だろう)、と考えればいい。

少しややこしいのは高さ関係。セダン比70mmアップの全高は、純粋にボディーの背丈が高くなったぶんではどうやらない。というのは、タイヤのサイズ。セダン用の標準サイズ225/50R17に対しグランツーリスモは同じく225/50R18で、外径が26mmほどデカい。要は内径が1インチ=約25.4mm大きいぶん。クルマの背の高さに寄与するのは、その半分。
でもって、カタログ記載のグランツーリスモの最低地上高の数字はセダンのそれより25mmだけ大きい(140mmに対して165mm)。ということは、その25mmのうちのほぼ半分がサスペンション側による車高アップぶんだと考えてもよさそうだ。

タイヤ外径とサスペンション側の両方でライドハイトを高くするテは、フォルクスワーゲンが「クロスポロ」で使っている。それのビーエム版。ただしこのクルマの場合、後述するようにバネやダンパーの設定はフツーの3シリーズのそれらよりもソフト&マイルド指向が強い。その意味ではクロスポロのハンタイ。

ホイールベースを長くすると、フツーに考えて車体の剛性は低下する。それをカバーするための手だてを講じるとクルマが重たくなる。そして、グランツーリスモはボディー形態的にワゴンに近い。客室と荷室との間に隔壁(バルクヘッド)がないということでは同じであり、その一方で車体後部の開口面積はフツーのワゴンよりも明らかにデカい。

ということでこのクルマ、乗り心地やオトシン対策や操縦性や安定性の仕上げを担当した人にとってはちょっとかもっと難物だったのではないかと思われる。

同じ「3シリーズ」でも、グランツーリスモのボディーはセダン、ワゴンより一回り大きめ。特に全長は200mmもこちらの方が大きい。
「モダン」の内装色はオイスターとブラックの2色。テスト車のようにオイスターを選んだ場合、ステアリングはブラックとオイスターの2色から選ぶことができる。
全車に標準装備される可動式のリアスポイラー。車速が110km/hを超えると自動で上昇し、70km/hを下回ると収納される。ドアパネルのスイッチで、手動で操作することも可能。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ グランツーリスモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る