「トヨタ・プリウスα」黒がテーマの特別仕様車

2013.08.01 自動車ニュース

「トヨタ・プリウスα」に黒がテーマの特別仕様車

トヨタ自動車は2013年8月1日、ハイブリッドカー「プリウスα(アルファ)」に特別仕様車「S“tune BLACK”」「G“tune BLACK”」を設定し、発売した。

 

今回の特別仕様車は、「S」「G」グレードをベースに、内外装の質感向上が図られたモデル。インテリアでは、シートやドアトリムに特別設定色のブラックを採用。ドアスイッチベースやシフトノブ&ベゼル、コンソールスイッチプレート、ヒーターコントロールノブ&ベゼルにはダークシルバー加飾が、インサイドドアハンドルにはメッキ加飾が施されている。またエクステリアでは、クロム調のアルミホイールキャップやメッキ加飾のドアハンドルが装備される。ボディーカラーは、特別設定色ブラッキッシュレッドマイカを含む全5色の設定となる。

価格は以下の通り。
・S“tune BLACK”(5人乗り):253万円
・S“tune BLACK”(7人乗り):273万円
・G“tune BLACK”(5人乗り):284万円
・G“tune BLACK”(7人乗り):304万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスαの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る