クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツE350クーペ(FR/7AT)

穏やかにスポーティー 2013.08.05 試乗記 マイナーチェンジが施された「Eクラス クーペ」に試乗。登場から4年を経て、メルセデス・ベンツの2ドア4シーターモデルは、どのように変わったのか?

より美しく、より安全に

「メルセデス・ベンツEクラス」のセダン、ステーションワゴンに続いて、クーペとカブリオレもマイナーチェンジを受け、2013年8月5日から日本での販売が始まった。“ビッグな"変更点は、「顔つきが変わったこと」「安全装備のさらなる充実」、そして「ベースグレードに新エンジンを採用したこと」である。

「すべては美しいときめきのために」。なんとなく、胸の奥がむずがゆくなるようなうたい文句が付いたクーペ&カブリオレ。顔つきは、ビックマイナー後のEクラスそのものになった。片側2つに分かれていたヘッドランプはまとめられ、代わって、くさび型に並べられた2連のLEDランプが、Eのイメージを踏襲する。

ご存じのように、Eクラス クーペのベースは、W204こと「Cクラス」。CクラスそのものにもC204ことクーペが用意されるのでややこしいのだが、2760mmのホイールベースはそのままに、ボディーはCクーペよりわずかに長い4705mm(AMGスポーツパッケージ装着車は4745mm)。幅は1785mm、全高は1395mmである。

依然として1.8リッター直4ターボ(156psと204ps、2種類のチューンがある)を搭載する「C180クーペ」「C250クーペ SPORT」に対して、「E250クーペ」には、早速新しい2リッターターボが採用された。最高出力は211ps/5500rpm、最大トルクは35.7kgm/1200-4000rpmとなる。新エンジンを使いながら、価格は据え置きの669万円。C250クーペよりは、71万円高い。

3.5リッターV6(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)を積む「E350クーペ」も価格は変わらず875万円。パワートレインのスペックにも変更はない。

4.7リッターV8ターボをパワーソースとするトップ・オブ・Eクーペ、「E550」は、35万円高の1145万円となった。最高出力408ps/5000-5750rpm、最大トルク61.2kgm/1600-4750prmのアウトプットは、同じだ。

片側で2つに分かれていたヘッドランプは、マイナーチェンジで1つに集約。メインビームだけでなく、ウインカーやポジショニングライト、コーナリングライトにもLEDが採用されている。
片側で2つに分かれていたヘッドランプは、マイナーチェンジで1つに集約。メインビームだけでなく、ウインカーやポジショニングライト、コーナリングライトにもLEDが採用されている。 拡大
サイドビュー。仕切りのない伸びやかなウィンドウグラフィックやキャラクターラインが目を引く。
サイドビュー。仕切りのない伸びやかなウィンドウグラフィックやキャラクターラインが目を引く。 拡大
シートは、サイドサポートの豊かな本革製。セットオプション「AMGスポーツパッケージ」をセレクトしたテスト車には、前席のみシートベンチレーターが備わる。
シートは、サイドサポートの豊かな本革製。セットオプション「AMGスポーツパッケージ」をセレクトしたテスト車には、前席のみシートベンチレーターが備わる。 拡大
エンジンはこれまで通り、3.5リッターV6“ブルーダイレクト”ユニット。アウトプットや燃費値も据え置きとなる。
エンジンはこれまで通り、3.5リッターV6“ブルーダイレクト”ユニット。アウトプットや燃費値も据え置きとなる。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ドライバーを信ずればこそ?

今回の試乗車は、E350クーペ。深いキャラクターライン、獣の後脚を思わせるリアフェンダーの膨らみがスポーティー。弓なりのルーフラインが、いかにもクーペだ。フロントのグリルには、キリリと太めのバーが1本入る。

少々大げさなエアダムが大口を開けているのは、AMGスポーツパッケージ装着車だからである。前後左右に専用のエアロパーツが付き、18インチのアルミホイールもAMG仕様となる。ただし、前235/40R18、後ろ255/35R18のタイヤサイズは変わらない。

車内もAMGのスパイスが利いていて、革巻きステアリングホイールはAMGタイプ。シートの座面左側には、腰の後ろのサポート位置やサイドサポートの広さ、座面の長さなどを微調整するダイヤルが、ズラリと並ぶ。汗かきのオーナーにとっては、シートにベンチレーション機能が付くのがうれしいだろう。AMGスポーツパッケージは、30万円のセットオプションだ。

いざ走りだそうとして気がつくのが、ATセレクターが、フロア式からコラムシフトになっていること。トンネルコンソールには、ナビ、オーディオなどを操る「COMANDシステム」の円筒形コントローラーが設けられる。

メルセデスがコラム式のシフターを採用し始めて久しいが、個人的には、いまだに「いかがなものか!?」と思う。操作性が悪いうえに、ほかのレバーとまぎらわしい。具体的には、ウインカーレバーやクルーズコントロールのレバーと間違いかねない。

かつてのメルセデスは、「人間は、間違える生き物」という前提に立って安全を考えていた。例えば2速発進をデフォルトにして、運転者に周囲を確認させる余裕を持たせていた。「そんな昔語り(!?)をしても仕方ないけれど……」と考えていたら、試乗車に乗って来た『webCG』の人が、「このクルマ、スピードリミッターが付いているんだね」と言った。「いつの間にかリミッターが作動していて、アクセル踏んでも加速しないんで、あせったわ」と笑う。

「アララ……」と思った。実は、前の週にEクラス セダンに乗っていて、同じ失敗をしたからだ。メルセデスの「可変スピードリミッター」は、クルーズコントロールレバーを使って設定する。ディストロニック・プラスを使うつもりで走行中にイジッていたら、リミッターを設定してしまったらしい。高速道路に入った直後、速度が上がらなくてキモを冷やした。もちろん、事前に説明書を熟読しなかった自分が悪いのだが、「昔のメルセデスだったら……」と、ちょっぴり寂しく感じた。

 

空気抵抗を示すCd値は0.25。「量産車としては最高レベル」とアピールされる。
空気抵抗を示すCd値は0.25。「量産車としては最高レベル」とアピールされる。 拡大
「AMGスポーツパッケージ」に含まれる18インチAMGツインスポークアルミホイール。組み合わされるタイヤのサイズは、ノーマルタイプと変わらない。
「AMGスポーツパッケージ」に含まれる18インチAMGツインスポークアルミホイール。組み合わされるタイヤのサイズは、ノーマルタイプと変わらない。 拡大
インテリアの様子。「Eシリーズ クーペ/カブリオレ」のなかでは、この「E350クーペ」に限り、ハンドル位置が左右から選べる。
インテリアの様子。「Eシリーズ クーペ/カブリオレ」のなかでは、この「E350クーペ」に限り、ハンドル位置が左右から選べる。 拡大

銀色に輝くダイヤルは、「COMANDシステム」のコントローラー。センターのひじ掛けに腕を置いたまま、カーナビやオーディオの操作ができる。


	銀色に輝くダイヤルは、「COMANDシステム」のコントローラー。センターのひじ掛けに腕を置いたまま、カーナビやオーディオの操作ができる。
	拡大
ボタン操作により、2種類の走行モード(コンフォート/スポーツ)が切り替え可能。具体的には、サスペンション特性やスロットルレスポンス、シフトパターンを変化させる。
ボタン操作により、2種類の走行モード(コンフォート/スポーツ)が切り替え可能。具体的には、サスペンション特性やスロットルレスポンス、シフトパターンを変化させる。 拡大

「高級車って、こうだよな」

新型Eクラスは、5つのレーダーセンサーと一対のカメラで周囲を監視するシステムを引き継いだ。

斜め後方の死角に他車が入ったことを警告する「アクティブブラインドスポットアシスト」や、前走車との車間距離を保ちつつ追従する「ディストロニック・プラス」はもちろん、衝突の危険性を感知するとドライバーに警告する「BASプラス(飛び出し検知機能付きブレーキアシスト・プラス)」、そして、実際に自動でブレーキがかかる「PRE-SAFEブレーキ(歩行者検知機能付き)」を備える。
さらに、後方から追突される可能性があるときに、リアランプを点滅させて後続車に注意を促し、最悪の場合にはブレーキをかけて玉突き事故を防ぐ「リアCPA(被害軽減ブレーキ付き後方衝突警告システム)」に、車線から外れそうになると、ステアリングホイールを振るわせて運転者に知らせる「アクティブレーンキーピングアシスト」など、ハイテクな安全機能の充実は目を見張るばかり。これで、E350クーペの車両本体価格に変更はないのだ。

自動車メーカーを問わず、ダウンサイジング過給のトレンドに乗ったエンジンを積む試乗車が多いなか、久しぶりに自然吸気の3.5リッターV6に乗る。ピエゾインジェクターを用いた、直噴エンジンである。カタログ燃費は、12.8km/リッター。アクセルペダルを踏むに従い、豊かなトルクが次第に湧き出てきて、「そうそう、高級車って、こうだったよな」と思い出させる。

少々過剰にスポーティーな装いをしているが、ドライブフィールに運転者をせき立てるところはない。穏やかに、余裕を持ってクルージングできる。6気筒に組み合わされるのは7段AT。100km/h巡航時、トップギアでは、1600rpm付近でゆるゆる回っているばかり。足まわりの硬さは可変式で、「コンフォート」と「スポーツ」から選べるが、日本の交通事情では、前者ですべてこと足りる。いつしかスピードリミッターにまつわる失敗も笑い話にして、ディストロニック・プラスでの安楽ドライブを楽しんでいた。

(文=青木禎之/写真=高橋信宏)

メルセデス・ベンツの最新モデルにふさわしく、レーダーやカメラ(写真)を用いた“ぶつからない安全技術”が満載。


	メルセデス・ベンツの最新モデルにふさわしく、レーダーやカメラ(写真)を用いた“ぶつからない安全技術”が満載。
	拡大
3連式のメーター。センターを占めるアナログ式スピードメーターの中心部は、液晶のマルチインフォメーションディスプレイになっている。
3連式のメーター。センターを占めるアナログ式スピードメーターの中心部は、液晶のマルチインフォメーションディスプレイになっている。 拡大
165cmのテスターが、リアシートに腰掛けてみたところ。
165cmのテスターが、リアシートに腰掛けてみたところ。 拡大

トランクルーム。分割可倒式の後席を倒すことで、長尺物の積載も可能となる。

(画像をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)


	トランクルーム。分割可倒式の後席を倒すことで、長尺物の積載も可能となる。

	(画像をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
	拡大
 
メルセデス・ベンツE350クーペ(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツE350クーペ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4745×1785×1395mm
ホイールベース:2760mm
車重:1710kg
駆動方式:FR
エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ
トランスミッション:7段AT
最高出力:306ps(225kW)/6500rpm
最大トルク:37.7kgm(370Nm)/3500-5250rpm
タイヤ:(前)235/40R18 91Y/(後)255/35R18 94Y(ダンロップSP SPORT MAXX GT)
燃費:12.8km/リッター(JC08モード)
価格:875万円/テスト車=905万円
オプション装備:AMGスポーツパッケージ(30万円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:1953km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:320.3km
使用燃料:37.8リッター
参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/9.4km/リッター(車載燃費計計測値)

関連キーワード:
Eクラス クーペメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事