メルセデス・ベンツE350クーペ(FR/7AT)

穏やかにスポーティー 2013.08.05 試乗記 マイナーチェンジが施された「Eクラス クーペ」に試乗。登場から4年を経て、メルセデス・ベンツの2ドア4シーターモデルは、どのように変わったのか?

より美しく、より安全に

「メルセデス・ベンツEクラス」のセダン、ステーションワゴンに続いて、クーペとカブリオレもマイナーチェンジを受け、2013年8月5日から日本での販売が始まった。“ビッグな"変更点は、「顔つきが変わったこと」「安全装備のさらなる充実」、そして「ベースグレードに新エンジンを採用したこと」である。

「すべては美しいときめきのために」。なんとなく、胸の奥がむずがゆくなるようなうたい文句が付いたクーペ&カブリオレ。顔つきは、ビックマイナー後のEクラスそのものになった。片側2つに分かれていたヘッドランプはまとめられ、代わって、くさび型に並べられた2連のLEDランプが、Eのイメージを踏襲する。

ご存じのように、Eクラス クーペのベースは、W204こと「Cクラス」。CクラスそのものにもC204ことクーペが用意されるのでややこしいのだが、2760mmのホイールベースはそのままに、ボディーはCクーペよりわずかに長い4705mm(AMGスポーツパッケージ装着車は4745mm)。幅は1785mm、全高は1395mmである。

依然として1.8リッター直4ターボ(156psと204ps、2種類のチューンがある)を搭載する「C180クーペ」「C250クーペ SPORT」に対して、「E250クーペ」には、早速新しい2リッターターボが採用された。最高出力は211ps/5500rpm、最大トルクは35.7kgm/1200-4000rpmとなる。新エンジンを使いながら、価格は据え置きの669万円。C250クーペよりは、71万円高い。

3.5リッターV6(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)を積む「E350クーペ」も価格は変わらず875万円。パワートレインのスペックにも変更はない。

4.7リッターV8ターボをパワーソースとするトップ・オブ・Eクーペ、「E550」は、35万円高の1145万円となった。最高出力408ps/5000-5750rpm、最大トルク61.2kgm/1600-4750prmのアウトプットは、同じだ。

片側で2つに分かれていたヘッドランプは、マイナーチェンジで1つに集約。メインビームだけでなく、ウインカーやポジショニングライト、コーナリングライトにもLEDが採用されている。
片側で2つに分かれていたヘッドランプは、マイナーチェンジで1つに集約。メインビームだけでなく、ウインカーやポジショニングライト、コーナリングライトにもLEDが採用されている。
サイドビュー。仕切りのない伸びやかなウィンドウグラフィックやキャラクターラインが目を引く。
サイドビュー。仕切りのない伸びやかなウィンドウグラフィックやキャラクターラインが目を引く。
シートは、サイドサポートの豊かな本革製。セットオプション「AMGスポーツパッケージ」をセレクトしたテスト車には、前席のみシートベンチレーターが備わる。
シートは、サイドサポートの豊かな本革製。セットオプション「AMGスポーツパッケージ」をセレクトしたテスト車には、前席のみシートベンチレーターが備わる。
エンジンはこれまで通り、3.5リッターV6“ブルーダイレクト”ユニット。アウトプットや燃費値も据え置きとなる。
エンジンはこれまで通り、3.5リッターV6“ブルーダイレクト”ユニット。アウトプットや燃費値も据え置きとなる。
関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る