メルセデス・ベンツE350クーペ(FR/7AT)

穏やかにスポーティー 2013.08.05 試乗記 マイナーチェンジが施された「Eクラス クーペ」に試乗。登場から4年を経て、メルセデス・ベンツの2ドア4シーターモデルは、どのように変わったのか?

より美しく、より安全に

「メルセデス・ベンツEクラス」のセダン、ステーションワゴンに続いて、クーペとカブリオレもマイナーチェンジを受け、2013年8月5日から日本での販売が始まった。“ビッグな"変更点は、「顔つきが変わったこと」「安全装備のさらなる充実」、そして「ベースグレードに新エンジンを採用したこと」である。

「すべては美しいときめきのために」。なんとなく、胸の奥がむずがゆくなるようなうたい文句が付いたクーペ&カブリオレ。顔つきは、ビックマイナー後のEクラスそのものになった。片側2つに分かれていたヘッドランプはまとめられ、代わって、くさび型に並べられた2連のLEDランプが、Eのイメージを踏襲する。

ご存じのように、Eクラス クーペのベースは、W204こと「Cクラス」。CクラスそのものにもC204ことクーペが用意されるのでややこしいのだが、2760mmのホイールベースはそのままに、ボディーはCクーペよりわずかに長い4705mm(AMGスポーツパッケージ装着車は4745mm)。幅は1785mm、全高は1395mmである。

依然として1.8リッター直4ターボ(156psと204ps、2種類のチューンがある)を搭載する「C180クーペ」「C250クーペ SPORT」に対して、「E250クーペ」には、早速新しい2リッターターボが採用された。最高出力は211ps/5500rpm、最大トルクは35.7kgm/1200-4000rpmとなる。新エンジンを使いながら、価格は据え置きの669万円。C250クーペよりは、71万円高い。

3.5リッターV6(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)を積む「E350クーペ」も価格は変わらず875万円。パワートレインのスペックにも変更はない。

4.7リッターV8ターボをパワーソースとするトップ・オブ・Eクーペ、「E550」は、35万円高の1145万円となった。最高出力408ps/5000-5750rpm、最大トルク61.2kgm/1600-4750prmのアウトプットは、同じだ。

片側で2つに分かれていたヘッドランプは、マイナーチェンジで1つに集約。メインビームだけでなく、ウインカーやポジショニングライト、コーナリングライトにもLEDが採用されている。
片側で2つに分かれていたヘッドランプは、マイナーチェンジで1つに集約。メインビームだけでなく、ウインカーやポジショニングライト、コーナリングライトにもLEDが採用されている。
サイドビュー。仕切りのない伸びやかなウィンドウグラフィックやキャラクターラインが目を引く。
サイドビュー。仕切りのない伸びやかなウィンドウグラフィックやキャラクターラインが目を引く。
シートは、サイドサポートの豊かな本革製。セットオプション「AMGスポーツパッケージ」をセレクトしたテスト車には、前席のみシートベンチレーターが備わる。
シートは、サイドサポートの豊かな本革製。セットオプション「AMGスポーツパッケージ」をセレクトしたテスト車には、前席のみシートベンチレーターが備わる。
エンジンはこれまで通り、3.5リッターV6“ブルーダイレクト”ユニット。アウトプットや燃費値も据え置きとなる。
エンジンはこれまで通り、3.5リッターV6“ブルーダイレクト”ユニット。アウトプットや燃費値も据え置きとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る