ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)

遠くまで出かけたくなる 2013.08.14 試乗記 セダン市場での再起をかけ、ホンダが送り込んだ新型車「アコード ハイブリッド」。「燃費がいい」の一言では言い尽くせない、ハイブリッドセダンの本当の魅力とは?

「カムリ」とガチンコ勝負

日本の先代「ホンダ・アコード」は実質的には欧州アコードと共通で、北米アコードは別物だった。ただし、先代の北米版は日本でも「ホンダ・インスパイア」として売られた。新型アコード ハイブリッド(以下アコード)はもはや「トヨタ・クラウン」さえ超えるビッグサイズで、先代の日本アコードと比較するとホイールベースで70mm、全長で185mmもデカイのだが、新型アコードと厳密に比べるべきは、だから旧型インスパイアである。旧型インスパイアと比較すると、新型アコードは逆に少し小さくなった。ダウンサイジングの波はアメリカ市場にも静かにやってきている。

そんな新型アコードは発売1カ月となる7月下旬時点で、7000台超を受注したとか。ひとまず上々の滑り出し。アメリカでも日本でも最大の宿敵である「トヨタ・カムリ」と同様に、あえて“ハイブリッド専用車”とした国内戦略が功を奏したということだろう。
日本市場での地位を失いかけていたカムリは、ハイブリッド戦略で息を吹き返したといっていい。現行型カムリのデビュー当初の販売目標は月間500台だったが、実際にはエコカー補助金が残っていた昨年(2012年)前半までは月間2000台を超えることもあり、補助金終了後も月間平均で1000台レベルを手堅くキープしている。新型アコードの国内販売目標が“月間1000台”と定められているのも、こうしたカムリの実績を参考にしているのは明らかだ。

新型アコードは販売目標だけでなく、価格も性能もカムリとガチンコ。パワートレインのシステム出力もともに200ps級(アコードが2リッターベースで199ps、カムリが2.5リッターベースで205ps)である。見かけの本体価格には多少のズレがあるが、例えばカムリの「Gパッケージ」にHDDナビをオプション追加すると355万円強で、「アコードLX」(365万円)とごく近い。厳密にはアコードLXのほうが10万円ほど高いが、アコードにはカムリにはない助手席電動調整機能なども付いて、実質価格にほとんど差はない。
今回の試乗車はそれよりさらに25万円高い「EX」だが、追突防止オートブレーキにレーンキープアシスト(操舵<そうだ>アシスト付き)、レーダー式のアダプティブクルーズコントロール……といったカムリにはない最先端のアドバンスト・セーフティ系装備がほぼすべてそろう。これは新型アコードの明確な売りである。

従来モデルから全長を185mm、全高を25mm拡大。1850mmの全幅は変わらないが、パッケージングの工夫により、室内幅は40mm広げられている。
従来モデルから全長を185mm、全高を25mm拡大。1850mmの全幅は変わらないが、パッケージングの工夫により、室内幅は40mm広げられている。
フロントまわりでは、ヘッドランプやグリルなどにブルーのアクセントを採用。上級グレードの「EX」では、グリル中央の「H」のエンブレムにCMBS(衝突軽減ブレーキ)やアダプティブクルーズコントロールのセンサーが内蔵される。
フロントまわりでは、ヘッドランプやグリルなどにブルーのアクセントを採用。上級グレードの「EX」では、グリル中央の「H」のエンブレムにCMBS(衝突軽減ブレーキ)やアダプティブクルーズコントロールのセンサーが内蔵される。
メーカー純正HDDナビや前席パワーシート、左右独立調整機能付きオートエアコンなど、装備は充実。内装色はブラックのみの設定となる。(プラグインハイブリッド車の内装色はベージュ)
メーカー純正HDDナビや前席パワーシート、左右独立調整機能付きオートエアコンなど、装備は充実。内装色はブラックのみの設定となる。(プラグインハイブリッド車の内装色はベージュ)
メーター内のマルチファンクションディスプレイには、燃費情報や推定走行可能距離、ハイブリッドシステムの稼働状況などの表示に加え、クルマのアイコンと横線の位置で加減速Gを表示し、穏やかで燃費にやさしい運転を促す「エコガイド」機能も備わっている。
メーター内のマルチファンクションディスプレイには、燃費情報や推定走行可能距離、ハイブリッドシステムの稼働状況などの表示に加え、クルマのアイコンと横線の位置で加減速Gを表示し、穏やかで燃費にやさしい運転を促す「エコガイド」機能も備わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る