ホンダ、新型「NSX」の走る姿を披露【Movie】

2013.08.05 自動車ニュース
ホンダが開発を進めている、新型「NSX」の試作車。
ホンダが開発を進めている、新型「NSX」の試作車。

【Movie】ホンダ、新型「NSX」の走る姿を披露

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2013年8月4日、新型「NSX」試作車の公開とデモンストレーション走行を行った。

新型NSXは、ホンダが2015年の導入を予定しているミドシップスポーツモデルである。駆動方式は4WDで、ボディー中央に積まれたV6直噴エンジンとモーターで後輪を駆動するほか、フロントの2基のモーターで左右前輪を個別に駆動することができる。

今回、同車の公開とデモ走行が実施されたのは、インディカー・シリーズ第14戦「ホンダ・インディ200・アット・ミッドオハイオ(米国オハイオ州ミッドオハイオ・スポーツカー・コース)」の決勝日(関連記事はこちら)。開発責任者のテッド・クラウス氏は、「新型NSX試作車両のデモンストレーション走行をミッドオハイオで見せられたことは非常に感慨深い。私たちは2015年に、世界中のお客さまにスーパースポーツモデルとしての新しい走りの価値を提供すべく、新型NSXの開発を進めていく」と述べた。

(webCG)

■The New Acura NSX Prototype


 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 【トミカNo.43】ホンダNSX 2017.8.10 トミカ大写真展 11年のときを経て復活を遂げた「ホンダNSX」。パワープラントには3.5リッターV6ターボエンジンと3基の駆動用モーターからなる「スポーツハイブリッドSH-AWD」が採用されており、左右前輪を個別に制御することで、卓越した運動性能を実現している。
  • 【トミカプレミアムNo.21】ホンダNSXタイプR 2017.8.9 トミカ大写真展 高出力のV6エンジンをミドシップレイアウトで搭載する高性能スポーツカーとして、1990年に登場した「ホンダNSX」。アルミモノコックボディーがもたらす高い運動性能と、過去に例のないドライバー中心の車両設計は、世界中のスーパーカーに影響をもたらした。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
ホームへ戻る