ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)

エレガントなアスリート 2013.08.08 試乗記 巨大な中国市場をにらみ、快適性を大幅に向上させたという新型「フライングスパー」。その豪華絢爛(けんらん)な世界を堪能した。

ベルサイユ宮殿かハリウッドスターの豪邸か

じぇじぇじぇ! っと、2013年の流行語大賞的に驚いてみました。なんたるド派手な内装。明るいチェストナット(クリの木)のウッドパネルに、真っ白と薄いタンのレザー。そこはベルサイユ宮殿かハリウッドスターの豪邸か。まったくもって、イギリス的な暗さがない。パリかカリフォルニアのような、太陽燦々(さんさん)の豪華絢爛な世界であった。

走り出してみれば、なんたるスムーズネス。「マシュマロのようですねぇ」と後席のクドタカ(『webCG』編集部)がいった。ふわんふわんではないけれど、ふわふわしている。試乗車のタイヤは21インチと、標準より2サイズもでかいオプションを装着している。路面が荒れているとそれなりのショックが伝わる。といいたいところだけれど、いや、ない。ありません。

この豪華絢爛なマシュマロカーが、実は最高出力625psのウルトラモンスターであることは、アクセルをガバチョといきなり踏み込みでもしない限り、片鱗(へんりん)さえもうかがえない。いや、たとえガバチョと踏み込んだところで、625psと81.6kgmという超高出力、ウルトラ大トルクは完璧に制御されている。ドイツの電子制御テクノロジーがそれを成し遂げた。否、中華人民のストレートな欲望が、伝統で堅くなっていたイギリス人の頭を柔らかくした、というべきか。中国市場の要望によってつくられた、自動車史上初の西洋の超高級車が新型「フライングスパー」なのだ。

テスト車の内装は、ウッドパネルがチェストナット、レザーのカラーが「リネン」と「ニューマーケットタン」。
テスト車の内装は、ウッドパネルがチェストナット、レザーのカラーが「リネン」と「ニューマーケットタン」。
ホイールサイズは19インチが標準。テスト車にはオプションの21インチホイール(43万6700円)が装着されていた。タイヤサイズは275/35ZR21。
ホイールサイズは19インチが標準。テスト車にはオプションの21インチホイール(43万6700円)が装着されていた。タイヤサイズは275/35ZR21。
 
ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フライングスパーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る