クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW 435iクーペ(FR/8AT)

Dセグメントクーペのお手本 2013.08.11 試乗記 今秋の日本導入が予定されているBMWの新型クーペ「4シリーズ」。Dセグメントクーペ作りの手だれが仕上げた、最新モデルの実力とは?

モデルチェンジで名前も一新

Dセグメントのサルーンをベースにした2ドアクーペは、世界の成熟市場でそれなりのボリュームを持つカテゴリーだ。サルーンと同等に近いユーティリティーを、ある種のパーソナル性やちょっとしたステータスと両立したこのジャンルは、スポーツカーほどの主張はいらないけどスポーティーに振る舞いたいという、ちょっと保守的な層にとってちょうどいい選択肢ということになるのだろう。

そのカテゴリーにおいて、リーダーといえる内容と実績を示し続けているのがBMWだ。「2002ターボ」、そしてE30系「M3」の名声は、その地位を築き上げる上で大きな役割を果たした。ドアが少ないぶん廉価……という合理的な存在にみられていたこのクラスの2ドアクーペをスペシャリティーとして決定づけたのは、サッシュレスドアを持つ独自のキャビンデザインが与えられたE36系の「3シリーズクーペ」だろう。

ベーシックラインは奇数、スペシャリティーラインは偶数を車名に割り振るという直近の商品戦略にのっとって、BMWの新しいDセグメントクーペは「4シリーズ」を名乗ることになった。間もなくコンセプトモデルが現れるだろう、あのクルマも恐らくはクーペが「M4」を名乗ることになると予想される。その名に思い入れのある方は一抹の寂しさを感じるかもしれない。ベースモデルとは違う名を与えただけの進化は用意してあるというBMWの主張は、果たしてどんな印象をドライバーにもたらしてくれるのだろうか。

「4シリーズ」と名乗る新型のDセグメントクーペは、2012年12月にコンセプトカーが発表され、2013年6月には市販車の概要がアナウンスされていた。日本導入は2013年秋を予定。
「4シリーズ」と名乗る新型のDセグメントクーペは、2012年12月にコンセプトカーが発表され、2013年6月には市販車の概要がアナウンスされていた。日本導入は2013年秋を予定。 拡大

ディーゼル仕様や4WD車など、欧州でのラインナップは豊富だが、日本に導入されるのはガソリンエンジンのFR車のみとなる。


	ディーゼル仕様や4WD車など、欧州でのラインナップは豊富だが、日本に導入されるのはガソリンエンジンのFR車のみとなる。
	拡大
インパネまわりは基本的に「3シリーズセダン」と同じ。「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」など、さまざまな仕様が用意されているところも共通だ。
インパネまわりは基本的に「3シリーズセダン」と同じ。「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」など、さまざまな仕様が用意されているところも共通だ。 拡大
 
BMW 435iクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大

BMWの手だれぶりを感じる

「3シリーズ」に対してやや削(そ)ぎ落とされたフロントオーバーハング。後方でおおらかなアールを描くキャビン。そして細くしつらえられたCピラーの根元、あるべきところにあるリアタイヤ……。4シリーズのプロポーションを見るにつけ感じるのは、この手のクーペ作りにまつわるBMWの手だれぶりだ。エクステリアパーツの全てを新規であつらえながら、セダンとの関連性を断ち切るような手の加え方はよしとしない。微妙なニュアンスの嗜好(しこう)に対して絶妙なタマを投げ込んでいる。

4シリーズの内容面におけるベースとなっているのはF30系3シリーズ……と、その関係は以前と同様だ。しかしフロントセクションは剛性強化に加えてアーム、マウント類の位置決めを見直し、3シリーズより10mmローダウンされた足まわりを標準仕様とするなどして、重心軸を「Z4」にもほど近い500mm以下に設定したという。寸法的にはホイールベースは3シリーズと同様ながら全幅は10mm広く、それに合わせてリアトレッドは1595mmに広げられており、低められた全高も相まってのワイド&ローなプロポーションは、遠目にもセダンとの雰囲気の違いを見て取れるほどだ。

搭載されるエンジンはガソリンが3リッター直6ツインパワーターボと2リッター直4ツインスクロールターボの2種類。ディーゼルが2リッター直4コモンレールディーゼルターボの計3種類となる。日本への導入はガソリン2種類を予定しており、それぞれ「435i」「428i」となるもよう。それらに組み合わせられるミッションは、このモデルから採用されたコースティング機能を備えるZF製の8段ATとなる予定だ。

内装の造作は基本的に3シリーズに準じており、トリムもスポーツ、モダン、ラグジュアリーなどの仕様の選択が可能となっている。運転席に座っての印象で明らかに違うのは着座感。全高および室内高の低下に併合わせてポジションも下がっており、スポーツドライビングに適した位置決めができるようになっている。
180cmの筆者がドラポジを合わせた上で後席に座ってみると、さすがに頭上まわりは若干の窮屈さを感じるもののレッグルームには余裕もあり、一般的な体格の大人4人であれば長時間のドライブでも不満ない居住性を備えているといえる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4638×1825×1362mmと、ベースとなった「3シリーズセダン(ドイツ本国仕様)」と比べて、全長、全幅がともに14mm拡大された。全高は67mm低くなっている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4638×1825×1362mmと、ベースとなった「3シリーズセダン(ドイツ本国仕様)」と比べて、全長、全幅がともに14mm拡大された。全高は67mm低くなっている。 拡大
日本に導入されるのは3リッター直6ターボと2リッター直4ターボの2種類。前者は最高出力306ps、最大トルク40.8kgm、後者は最高出力245ps、最大トルク35.7kgmを発生する。
日本に導入されるのは3リッター直6ターボと2リッター直4ターボの2種類。前者は最高出力306ps、最大トルク40.8kgm、後者は最高出力245ps、最大トルク35.7kgmを発生する。 拡大
欧州仕様のトランスミッションは6段MTが標準で、8段ATがオプションだが、日本に導入されるのは8段ATのみとなる予定。
欧州仕様のトランスミッションは6段MTが標準で、8段ATがオプションだが、日本に導入されるのは8段ATのみとなる予定。 拡大
インテリアは基本的に他の「3シリーズ」と共通だが、低い室内高に合わせ、着座位置も下げられている。
インテリアは基本的に他の「3シリーズ」と共通だが、低い室内高に合わせ、着座位置も下げられている。 拡大
トランクルームの容量は445リッター。後席は3分割の可倒式となっている。
トランクルームの容量は445リッター。後席は3分割の可倒式となっている。 拡大

FRスポーツとして模範的な走り

4気筒版の市場投入は今秋以降ということもあって、試乗に供したグレードは「435iクーペ スポーツ」のみ。走り始めてまず気づくのは、3シリーズに対して操舵(そうだ)のフィードバックがよりスッキリしたフィーリングに仕上がっていることだ。特にやや粗めの凹凸や鋭利な段差などの入力に対する減衰の収まりが早く、ステアリングに伝わる振動量の減少といった違いが見て取れる。これはフロントまわりの剛性向上やジオメトリー見直しなど、細かなチューニングを加えたことによる副次的な作用ともいえるだろう。乗り心地そのものは固められたサスの影響も感じさせず、常速域においては3シリーズと同等の快適性を備えていると思ってもらって構わない。

そしてエストリルサーキットを中心に行った高速試乗が、4シリーズの個性をさらに際立てることになる。ロールの総量は3シリーズに対して明らかに少ないが、作為的な規制感はなく、その量と速度の推移はリニアだ。パワーオンで感じる後輪の踏ん張り感も確実に向上しており、3リッターターボのパワーやトルク感をまったく意に介することはない。グイグイと限界まで粘り倒したあげくにブレイクするその過程のわかりやすさ、ESPの適切な介入感……と、スポーツドライビングにおいて興ざめする要素はまったくなく、まさに教科書通りといった模範的なFRスポーツに仕上がっている。かといって、素直すぎて退屈ということもない。操舵初期のゲインの高さに間髪入れずノーズが反応し、スパスパと向きを変えるビビッドなドライバビリティーを見るに、よりマスの小さい4気筒エンジンが載る428iの仕上がりが楽しみになる。

3シリーズと比肩する使い勝手や快適性をキープしながら、速さと美しさをバランスよく磨き上げた4シリーズの日本導入は今秋の予定。2ドアというハードルさえ越えてしまえば実に間口の広いクルマだけに、戦略的な価格を展開する3シリーズと同様に、アフォータブルなプライシングを期待したいところだ。

(文=渡辺敏史/写真=BMWジャパン)

8段AT仕様の「435i」は、0-100km/h加速5.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)という動力性能を発揮する。


	8段AT仕様の「435i」は、0-100km/h加速5.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)という動力性能を発揮する。
	拡大
フロントフェンダーの後ろには「エアブリーザー」と呼ばれるダクトを装備。空気抵抗を低減する効果がある。
フロントフェンダーの後ろには「エアブリーザー」と呼ばれるダクトを装備。空気抵抗を低減する効果がある。 拡大
専用チューニングのサスペンションや低められた車高などにより、重心の高さは2シーターオープンの「Z4」に近いものとなっている。
専用チューニングのサスペンションや低められた車高などにより、重心の高さは2シーターオープンの「Z4」に近いものとなっている。 拡大
 
BMW 435iクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

BMW 435iクーペ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4638×1825×1362mm
ホイールベース:2810mm
車重:1525kg
駆動方式:FR
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:306ps(225kW)/5800-6000rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/1200-5000rpm
タイヤ:(前)225/50R17 94W/(後)225/50R17 94W
燃費:7.2リッター/100km(約13.9km/リッター、欧州複合モード)
価格:--
オプション装備:--
※欧州仕様

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター
 

関連キーワード:
4シリーズ クーペBMW試乗記

あなたにおすすめの記事