BMW 435iクーペ(FR/8AT)

Dセグメントクーペのお手本 2013.08.11 試乗記 今秋の日本導入が予定されているBMWの新型クーペ「4シリーズ」。Dセグメントクーペ作りの手だれが仕上げた、最新モデルの実力とは?

モデルチェンジで名前も一新

Dセグメントのサルーンをベースにした2ドアクーペは、世界の成熟市場でそれなりのボリュームを持つカテゴリーだ。サルーンと同等に近いユーティリティーを、ある種のパーソナル性やちょっとしたステータスと両立したこのジャンルは、スポーツカーほどの主張はいらないけどスポーティーに振る舞いたいという、ちょっと保守的な層にとってちょうどいい選択肢ということになるのだろう。

そのカテゴリーにおいて、リーダーといえる内容と実績を示し続けているのがBMWだ。「2002ターボ」、そしてE30系「M3」の名声は、その地位を築き上げる上で大きな役割を果たした。ドアが少ないぶん廉価……という合理的な存在にみられていたこのクラスの2ドアクーペをスペシャリティーとして決定づけたのは、サッシュレスドアを持つ独自のキャビンデザインが与えられたE36系の「3シリーズクーペ」だろう。

ベーシックラインは奇数、スペシャリティーラインは偶数を車名に割り振るという直近の商品戦略にのっとって、BMWの新しいDセグメントクーペは「4シリーズ」を名乗ることになった。間もなくコンセプトモデルが現れるだろう、あのクルマも恐らくはクーペが「M4」を名乗ることになると予想される。その名に思い入れのある方は一抹の寂しさを感じるかもしれない。ベースモデルとは違う名を与えただけの進化は用意してあるというBMWの主張は、果たしてどんな印象をドライバーにもたらしてくれるのだろうか。

「4シリーズ」と名乗る新型のDセグメントクーペは、2012年12月にコンセプトカーが発表され、2013年6月には市販車の概要がアナウンスされていた。日本導入は2013年秋を予定。
「4シリーズ」と名乗る新型のDセグメントクーペは、2012年12月にコンセプトカーが発表され、2013年6月には市販車の概要がアナウンスされていた。日本導入は2013年秋を予定。

ディーゼル仕様や4WD車など、欧州でのラインナップは豊富だが、日本に導入されるのはガソリンエンジンのFR車のみとなる。


	ディーゼル仕様や4WD車など、欧州でのラインナップは豊富だが、日本に導入されるのはガソリンエンジンのFR車のみとなる。
インパネまわりは基本的に「3シリーズセダン」と同じ。「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」など、さまざまな仕様が用意されているところも共通だ。
インパネまわりは基本的に「3シリーズセダン」と同じ。「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」など、さまざまな仕様が用意されているところも共通だ。
 
BMW 435iクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る