ケータハムがセヴンにスズキ製エンジンを搭載

2013.08.07 自動車ニュース
 
ケータハムがセヴンにスズキ製エンジンを搭載の画像

ケータハムが「セヴン」にスズキ製エンジンを搭載

英ケータハムは2013年8月5日、ライトウェイトスポーツの「セヴン」に、スズキの660cc 3気筒ターボエンジンを搭載すると発表した。

 

同社がスズキ製エンジンの採用を計画しているのは、現在開発が進められているセヴンの新しいエントリーモデルだ。このエンジンはケータハムの技術開発部門であるケータハム・テクノロジー・アンド・イノベーションの手によってチューニングされ、同じくスズキ製の5段MTと組み合わされる予定。これが実現すれば、同エンジンはセヴン史上最もコンパクトで高効率なパワーユニットになるという。

スズキ製のエンジンを搭載したセヴンのニューモデルは、2013年秋に発表され、同年末に発売される。英国での価格は1万7000ポンド(約255万円、1ポンド=150円で換算)を予定。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】 2014.6.24 試乗記 スズキ製のパワートレインを搭載した“黄色ナンバー”の「ケータハム・セブン160」に試乗。車両重量490kg(!)というスーパーライトな最新モデルに、ライトウェイトスポーツの本分を見た。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
ホームへ戻る