ケータハムがセヴンにスズキ製エンジンを搭載

2013.08.07 自動車ニュース
 
ケータハムがセヴンにスズキ製エンジンを搭載の画像

ケータハムが「セヴン」にスズキ製エンジンを搭載

英ケータハムは2013年8月5日、ライトウェイトスポーツの「セヴン」に、スズキの660cc 3気筒ターボエンジンを搭載すると発表した。

 

同社がスズキ製エンジンの採用を計画しているのは、現在開発が進められているセヴンの新しいエントリーモデルだ。このエンジンはケータハムの技術開発部門であるケータハム・テクノロジー・アンド・イノベーションの手によってチューニングされ、同じくスズキ製の5段MTと組み合わされる予定。これが実現すれば、同エンジンはセヴン史上最もコンパクトで高効率なパワーユニットになるという。

スズキ製のエンジンを搭載したセヴンのニューモデルは、2013年秋に発表され、同年末に発売される。英国での価格は1万7000ポンド(約255万円、1ポンド=150円で換算)を予定。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
ホームへ戻る