ケータハムがセヴンにスズキ製エンジンを搭載

2013.08.07 自動車ニュース
 

ケータハムが「セヴン」にスズキ製エンジンを搭載

英ケータハムは2013年8月5日、ライトウェイトスポーツの「セヴン」に、スズキの660cc 3気筒ターボエンジンを搭載すると発表した。

 

同社がスズキ製エンジンの採用を計画しているのは、現在開発が進められているセヴンの新しいエントリーモデルだ。このエンジンはケータハムの技術開発部門であるケータハム・テクノロジー・アンド・イノベーションの手によってチューニングされ、同じくスズキ製の5段MTと組み合わされる予定。これが実現すれば、同エンジンはセヴン史上最もコンパクトで高効率なパワーユニットになるという。

スズキ製のエンジンを搭載したセヴンのニューモデルは、2013年秋に発表され、同年末に発売される。英国での価格は1万7000ポンド(約255万円、1ポンド=150円で換算)を予定。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セブンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】 2014.5.1 試乗記 スズキ製の660ccエンジンを搭載した、軽自動車規格の「ケータハム・セブン」が登場。ダイレクトなドライブフィールと適度な動力性能がもたらす、このクルマならではの走行体験をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る