ケータハムがセヴンにスズキ製エンジンを搭載

2013.08.07 自動車ニュース
 
ケータハムがセヴンにスズキ製エンジンを搭載の画像

ケータハムが「セヴン」にスズキ製エンジンを搭載

英ケータハムは2013年8月5日、ライトウェイトスポーツの「セヴン」に、スズキの660cc 3気筒ターボエンジンを搭載すると発表した。

 

同社がスズキ製エンジンの採用を計画しているのは、現在開発が進められているセヴンの新しいエントリーモデルだ。このエンジンはケータハムの技術開発部門であるケータハム・テクノロジー・アンド・イノベーションの手によってチューニングされ、同じくスズキ製の5段MTと組み合わされる予定。これが実現すれば、同エンジンはセヴン史上最もコンパクトで高効率なパワーユニットになるという。

スズキ製のエンジンを搭載したセヴンのニューモデルは、2013年秋に発表され、同年末に発売される。英国での価格は1万7000ポンド(約255万円、1ポンド=150円で換算)を予定。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セブンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】 2014.6.24 試乗記 スズキ製のパワートレインを搭載した“黄色ナンバー”の「ケータハム・セブン160」に試乗。車両重量490kg(!)というスーパーライトな最新モデルに、ライトウェイトスポーツの本分を見た。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る