メルセデス、価格据え置きで「SL」の装備を強化

2013.08.07 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSLクラス」
「メルセデス・ベンツSLクラス」

メルセデス、価格据え置きで「SLクラス」の装備を強化

メルセデス・ベンツ日本は2013年8月7日、「SLクラス」の装備内容を見直し、販売を開始した。

 

今回の変更では、「SL350」と「SL550」に専用の内外装や19インチAMG5スポークアルミホイールなどからなる、AMGスポーツパッケージを標準装備。また「SL63 AMG」にオプションで用意される「AMGパフォーマンスパッケージ」のホイールの塗装を、マットブラックペイントに変更した。

なお、価格は従来モデルより据え置きの1190万~3050万円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • 最高出力460psの高性能セダン「BMW M3 CS」発売 2018.2.20 自動車ニュース BMWジャパンは2018年2月20日、最高出力460psのハイパフォーマンスセダン「BMW M3 CS」の導入を発表。同日、30台限定で発売した。価格は1578万円。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る