第308回:驚き! フィアットの新型5ドアワゴン「500L」は「500」より売れている!

2013.08.09 エッセイ

「先輩」を抜いた

2013年7月のイタリア国内新車登録実績が発表された。その台数10万7514台は、前年同月比1.92%のマイナスである。だが、2013年4月の同比でマイナス10.83%を記録したのからすると、減少幅がかなり縮小したことになり、メディアは「販売回復の兆しか?」と明るい見通しを唱えた。

トップ3は「フィアット・パンダ」(7313台)、「フィアット・プント」(5483台)、「ランチア・イプシロン」(4078台)であった。だが今回注目すべきは、続く第4位である。フィアットの「500L」が3529台で入っているのだ。

500Lは2012年ジュネーブショーで発表された5ドアワゴンである。「500」の名が冠されているものの、ベースとなっているのは「フィアット・グランデプント」だ。
欧州仕様のエンジンは、ガソリンが0.9リッターツインエアと1.4リッター、ディーゼルが1.3リッターと1.6リッターである。またイタリアでは、先頃メタン/ガソリンの併用仕様もカタログに加わった。価格は1万5750ユーロ(イタリア価格。日本円で約206万円)から設定されている。
フロントシートのバックレストを前に倒すことができ、カタログによれば、テーブル状になっているその上で「宿題もトランプゲームもできます」と記されている。また、世界初の車載エスプレッソマシンがアクセサリーとして設定されていることでも話題を呼んだ。生産はセルビアの工場で行われている。また北米市場でも発売されることが決まっている。

ランキングに話を戻せば、今回500Lは先輩格である3ドア版の「500」を5位に抑えての4位入りだった。たしかにボクがイタリアで運転していても、この新車が売れない時代に、路上で500Lとすれ違うことが少なくない。

「フィアット500L」
シエナのショールームに飾られた「フィアット500L」。2012年12月撮影。
2013年1月のデトロイトモーターショーに展示された「500L」北米仕様。欧州仕様とバンパー形状や灯火類のデザインが違うのに注意。
スーパーマーケットの駐車場にて。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「ヒュンダイ・ゲッツ」に挟まれる「500L」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事 ホームへ戻る