「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル

2013.08.07 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」
「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」

「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル

トヨタ自動車は2013年8月7日、GAZOO Racingが開発したコンプリートカー「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」の商談申し込みの受け付けを、ウェブ限定で同年8月25日に開始すると発表した。販売台数は200台。発売は9月下旬を予定している。

ベースとなったのは日本では販売されていない3ドアモデルの「ヴィッツRS」で、エンジンには最高出力152ps(112kW)/6000rpm、最大トルク21.0kgm(206Nm)/4000rpmの1.5リッターターボを搭載。ベース車(最高出力109ps、最大トルク14.1kgm)から大幅な性能向上を果たしている。

これに組み合わされるトランスミッションは5段MTのみ。足まわりは専用セッティングのサスペンションやリミテッドスリップデフ、対向4ピストンのフロントブレーキキャリパー、専用の前後ブレーキパッドなどでチューニングしており、ボディーにもブレースの追加などによる補強を施している。

内外装も特別仕立てで、エクステリアにはLEDを配したヘッドランプや専用フロントバンパー、大口径マフラーエンド、リアスポイラー、大型ロッカーモールを装備。ボディーサイドには「GRMN」のロゴをエンボス加工で施している。

また、インテリアにも表皮一体発泡工法のスポーツシートをはじめ、レッドステッチ入りの本革巻き3スポークステアリングホイール、タコメーターを中央に据えたアルミ調の3眼メーターなど、随所にGRMN専用の装備を採用。ペダルはアルミ製で、ヒール・アンド・トウをしやすくするためにレイアウトが見直されている。

ボディーカラーは「スーパーホワイトII」と「ブラックマイカ」の2色を設定。価格は270万円。

(webCG)

→関連記事「トヨタGRMNヴィッツ ターボ プロトタイプ」試乗記
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る