「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル

2013.08.07 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」
「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」

「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル

トヨタ自動車は2013年8月7日、GAZOO Racingが開発したコンプリートカー「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」の商談申し込みの受け付けを、ウェブ限定で同年8月25日に開始すると発表した。販売台数は200台。発売は9月下旬を予定している。

ベースとなったのは日本では販売されていない3ドアモデルの「ヴィッツRS」で、エンジンには最高出力152ps(112kW)/6000rpm、最大トルク21.0kgm(206Nm)/4000rpmの1.5リッターターボを搭載。ベース車(最高出力109ps、最大トルク14.1kgm)から大幅な性能向上を果たしている。

これに組み合わされるトランスミッションは5段MTのみ。足まわりは専用セッティングのサスペンションやリミテッドスリップデフ、対向4ピストンのフロントブレーキキャリパー、専用の前後ブレーキパッドなどでチューニングしており、ボディーにもブレースの追加などによる補強を施している。

内外装も特別仕立てで、エクステリアにはLEDを配したヘッドランプや専用フロントバンパー、大口径マフラーエンド、リアスポイラー、大型ロッカーモールを装備。ボディーサイドには「GRMN」のロゴをエンボス加工で施している。

また、インテリアにも表皮一体発泡工法のスポーツシートをはじめ、レッドステッチ入りの本革巻き3スポークステアリングホイール、タコメーターを中央に据えたアルミ調の3眼メーターなど、随所にGRMN専用の装備を採用。ペダルはアルミ製で、ヒール・アンド・トウをしやすくするためにレイアウトが見直されている。

ボディーカラーは「スーパーホワイトII」と「ブラックマイカ」の2色を設定。価格は270万円。

(webCG)

→関連記事「トヨタGRMNヴィッツ ターボ プロトタイプ」試乗記
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その7) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。トヨタはTOYOTA GAZOO Racingが開発した「ヤリスGRMN」や、3人乗りシティーコミューターのコンセプトモデル「i-TRIL」を発表した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る