第57回:クルマじゃ逃げられない! 超高速ゾンビの恐怖
『ワールド・ウォー Z』

2013.08.09 エッセイ

ゾンビは想定外だったボルボの安全装備

ゾンビ映画にはクルマがつきものだ。移動シェルターという重要な役割を果たしている。ゾンビは凶暴で恐ろしい敵だが、死んでいるから動きが遅い。死後硬直で関節はうまく曲がらないし、骨がもろくてすぐ折れてしまう。密閉空間であるクルマに乗り込んで高速移動すれば、とりあえず安全は保たれる。古典的名作『地球最後の男』では、たった一人生き残った男がシボレーのボロいバンで戦っていた。夜になるとゾンビが襲撃してくるが、なんとかしのいだのだ。

クルマの性能が向上すると、それに比例してゾンビも強力になってきた。2007年のリメイク作『アイ・アム・レジェンド』では主人公が「シェルビーGT500」に乗っていて、昔ながらのゾンビの動きでは戦力に大きな差ができてしまう。あまりに楽勝だとスリルもサスペンスもなくなるので、ゾンビの能力強化が必要になったのだ。最新最先端のゾンビ映画である『ワールド・ウォーZ』では、ついに立場が逆転してしまった。超高速ゾンビが無数に増殖し、生きている人間はとても対抗できそうにない。

元国連職員のジェリー(ブラッド・ピット)は、一家で「ボルボV70」に乗っていた。フィラデルフィアの市街地で渋滞にハマっていた時、突然大混乱に巻き込まれる。ゾンビが大挙して襲いかかり、パニックに陥った人々が逃げ出したのだ。クルマの中にいるのだから平然としていればよさそうなものだが、こいつらがやたらに強い。フロントウィンドウにヘッドバットをくらわし、ガラスを打ち破って車内に侵入してくる。これでは、クルマはシェルターの代わりにならない。

ジェリーはV70で脱出を図るが、衝突事故に巻き込まれてしまう。ボルボが誇る数々の安全装備も、さすがにゾンビ襲撃までは想定していない。完全な無法地帯となって交通法規が機能していない中では、平時の備えは役に立たないのだ。

(c) 2013 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
(c) 2013 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

第57回:クルマじゃ逃げられない! 超高速ゾンビの恐怖『ワールド・ウォー Z』の画像

第57回:クルマじゃ逃げられない! 超高速ゾンビの恐怖『ワールド・ウォー Z』の画像
「ボルボV70」
ステーションワゴンで名をはせたボルボの中核をなすのが、ミドルサイズの「V70」。1996年に「850」の後継車として登場した。現在は3代目が販売されているが、映画に使われているのは先代モデル。
「ボルボV70」
    ステーションワゴンで名をはせたボルボの中核をなすのが、ミドルサイズの「V70」。1996年に「850」の後継車として登場した。現在は3代目が販売されているが、映画に使われているのは先代モデル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

関連記事 ホームへ戻る