レクサスIS250“Fスポーツ”(FR/6AT)

ニューISのベストバイ 2013.08.19 試乗記 2.5リッターV6エンジンを積んだ「レクサスIS250“Fスポーツ”」に試乗。人気を集める「IS300h」の4気筒ハイブリッドにはない、マルチシリンダーならではの魅力に触れた。

一番人気はハイブリッドだけど

少し前の話になるけれど、トヨタが6月中旬に出したニュースリリースによると、新型「レクサスIS」は発売から約1カ月で約7600台を受注し、うちハイブリッドの「IS300h」が5500台を占めたという。約7割がハイブリッドという計算だ。
でも僕がもしISを買うとしたら、今回取材したガソリンエンジンの「IS250“Fスポーツ”」を選ぶのではないかと想像している。

新型ISのスタイリングは、旧型以上にダイナミックだ。LEDのL字型クリアランスランプを独立させたヘッドランプは、つけまつ毛みたいで違和感があるけれど、キャビンの絞り込みや、リアコンビランプに向けて跳ね上がるラインはキレイだと思う。
インテリアは、オリジナリティー、クオリティーともに、現行国産車ではトップレベルではないだろうか。水平基調のインパネは、日本建築などに見られる伝統的な造形を思わせ、ブラックとメタル調、チタン調を使い分けた仕立ても、プレミアムブランドにふさわしいものとなっている。スライダー式のエアコンスイッチは反応が良いうえに、タッチパネル式とは違ってブラインドタッチできる。マウスを思わせるナビのコントローラーは、反応がより自然になった。

圧巻は“Fスポーツ”のメーターだ。フラッグシップの「LFA」同様、センターのメーターダイヤルがスライドして、さまざまな情報を表示してくれる。クルーズコントロールの操作方法を教えてくれるなど、日本車らしい親切心もありがたいけれど、それ以前にカッコイイ。これだけで“Fスポーツ”にしたくなる。

そんな新型ISには、だからこそ「トヨタ・クラウン」のそれをそのまま移植したようなハイブリッドシステムは似合っていないと感じている。

ボディー下部からテールランプへと跳ね上がるロッカーラインが目を引くサイドビュー。ボディーサイズは全高はそのまま、全幅は+15mmなのに対し、全長は従来モデルから80mm拡大している。
ボディー下部からテールランプへと跳ね上がるロッカーラインが目を引くサイドビュー。ボディーサイズは全高はそのまま、全幅は+15mmなのに対し、全長は従来モデルから80mm拡大している。
水平基調のインパネ形状が特徴的な車内。“Fスポーツ”の内装色には写真のブラックに加え、トパーズブラウン、ダークローズの全3色が用意されている。
水平基調のインパネ形状が特徴的な車内。“Fスポーツ”の内装色には写真のブラックに加え、トパーズブラウン、ダークローズの全3色が用意されている。
可動式のメーターリングを採用したデジタルメーターは“Fスポーツ”の専用品。レクサスのフラッグシップスポーツ「LFA」をほうふつさせる。
可動式のメーターリングを採用したデジタルメーターは“Fスポーツ”の専用品。レクサスのフラッグシップスポーツ「LFA」をほうふつさせる。

レクサスIS250“Fスポーツ”(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る