第23回:お気に入りの急速充電場所

2013.08.13 リーフタクシーの営業日誌

設置場所に偏りがある

JR恵比寿駅で客を降ろし、明治通りを渋谷に向けて走りだしていた。

何度か急速充電に入るチャンスはあったのに、もう少しもう少しと先のばししていたら、四谷で乗せた客に「恵比寿まで急いで」と言われてしまい、しまった、やっぱり充電しておくべきだったと思っても遅いわけで、客を降ろすや回送板を掲げ、渋谷から青山、赤坂見附を経由して四谷方面に戻ろうかとリーフタクシーの運転手(=矢貫 隆)は算段していた。だが、すでにこの時点でバッテリー残量を示すメモリの残りは1個で、それで走れる距離は「10km」との表示がでている。例によって、その数字は話半分と見なければいけない。とすると5km。

仕方ない、この近所で充電するしかないだろう。

都内には急速充電の施設が思いのほか多くあるのだけれど、欠点は、設置場所の偏りが大きいということである。

東京駅を中心とする地域には、こんなにたくさん急速充電の施設はいらんでしょう、というくらいある一方、たとえばわが北光自動車交通(読者諸氏はお忘れであろう。北光自動車=潜入取材中のタクシー会社。キタミツではなくホッコウ=第10回参照)の近辺(板橋区の外れ)にはまったくなくて、もっとも近い場所でも、東武東上線の駅にして2つ先の「常盤台」、川越街道と環七が交差する板橋中央陸橋下の駐車場まで行くことになる。
そこを逃すと、環七であれば練馬区の豊玉陸橋の近く、川越街道であれば池袋まで走らなくてはならない。そして、板橋のような急速充電過疎地域ほどではないにしても、渋谷周辺もまた、急速充電の場所が意外に少なかったりするのだ。

渋谷方面に走りだし、この近所で急速充電となると場所はおのずと限られるのをリーフタクシーの運転手は体験的に知っていた。

仕方がない、あそこに行くか、と運転手は行き先を定めた。そう、仕方がない、である。よし、あそこに行くぞ、ではなく、仕方がないという極めて消極的な決断を下し、リーフタクシーの運転手は、渋谷の高級ホテル「セルリアンタワー東急ホテル」の地下駐車場へと向かったのだった。

(写真=荒川正幸)
(写真=荒川正幸)
矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、 ノンフィクションライターに。自動車専門誌『NAVI』(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同『CAR GRAPHIC』(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 『自殺-生き残りの証言』(文春文庫)、『通信簿はオール1』(洋泉社)、 『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る