スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)/ワゴンR 20周年記念車(FF/CVT)

小さな努力の積み重ね 2013.08.13 試乗記 「エネチャージ」「新アイドリングストップ」「デュアルジェットエンジン」の採用で26.4km/リッターの低燃費を実現した「スイフト」と、衝突被害軽減ブレーキを搭載した「ワゴンR」に試乗した。

26.4km/リッターの意味

マツダがスカイアクティブ・テクノロジーを「デミオ」に採用して、30.0km/リッターのカタログ燃費を実現したときには驚いたものだ。あれから2年。当時は計測方法に10・15モードが使われたが、今ではJC08モードが用いられる。新モードだとデミオは25.0km/リッター。表記上、一気に5km/リッターも減って、なんだかすごさが薄れたような気がするが、モノは同じ。2011年に採用されたプロ野球の統一球みたいなもので、ホームランが前年の49本から一気に23本に減ったけれど、あれもラミレスが悪かったわけではない。

昨年、「日産ノート」が3気筒エンジンをスーパーチャージャーで過給して25.2km/リッターを達成し、デミオを抜いた。と思ったら、今度は簡素な装備で車重を870kgに抑えて一気に27.2km/リッターを実現した「三菱ミラージュ」がタイからやってきたが、すごすぎてなんとなく“これはナシ”みたいな雰囲気も漂う。そして、間もなく登場する元祖燃費自慢の「ホンダ・フィット」が26.0km/リッター(1.3リッターガソリン車)といわれるが、それが明らかになるかならないかのタイミングで、スズキがサクッと「スイフト」の燃費を向上させて26.4km/リッターとした。

燃費を自慢するクルマが出た直後に、その燃費より少し上乗せしたクルマを出すのはスズキのお家芸だが、今回は発売前に出ばなをくじいた。もしかしたらスズキは「なんだフィットは26.0か。0.4km/リッターも上回っちゃった。いったん26.2km/リッターにしておいて、その次に26.4km/リッターにすれば2回おいしかったのに」(燃費は0.2km/リッター刻みでしか表記できない決まり)と考えているかもしれない。

クルマは燃費がすべてではなく、車重ごとに決められたエコカー減税が免税になるだけの燃費を実現したら、それ以上ははっきり言っておまけみたいなもの。ただ、カタログを彩る一定の効果はあるのだろう。

試乗会の様子を、マイチェンした「ワゴンR」と併せてご報告。

「スイフトXS-DJE」に搭載されるエンジンは、91ps、12.0kgmを発生する1.2リッター直4。熱効率を高めることで燃費性能を向上させ、燃費値は26.4km/リッター(JC08モード)を達成。
「スイフトXS-DJE」に搭載されるエンジンは、91ps、12.0kgmを発生する1.2リッター直4。熱効率を高めることで燃費性能を向上させ、燃費値は26.4km/リッター(JC08モード)を達成。
「スイフト」のインテリアは、ほぼ従来型を受け継ぐ。変更点は、シート表皮や、デュアルジェットエンジン搭載モデルの、エコドライブをアシストする専用メーターの採用など。
「スイフト」のインテリアは、ほぼ従来型を受け継ぐ。変更点は、シート表皮や、デュアルジェットエンジン搭載モデルの、エコドライブをアシストする専用メーターの採用など。
荷室の容量は130リッター。後席を倒すと455リッターとなる。
荷室の容量は130リッター。後席を倒すと455リッターとなる。
スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)/ワゴンR 20周年記念車(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る